20191017日にスカイAで放送された「プロ野球ドラフト会議2019」で北海道日本ハムファイターズのドラフトを専門家である野球ライターの小関順二と西尾典文がABCアナウンサーの小縣裕介と共に解説しています。

 



日本ハムのドラフト指名選手
1位 河野竜生  投手  JFE西日本
2位 立野和明  投手  東海理化
3位 上野響平  内野手 京都国際高校
4位 鈴木健矢  投手  JX-ENEOS
5位 望月大希  投手  創価大学
6位 梅林優貴  捕手  広島文化学園大学
7位 片岡奨人  外野手 東日本国際大学

育成ドラフト
1位 宮田輝星  外野手 福岡大学
2位 樋口龍之介 内野手 新潟アルビレックス
3位 長谷川凌太 投手  新潟アルビレックス

 

アナ 日本ハムは佐々木朗希を外して河野竜生から始まったドラフトでした。西尾さんはどう評価されますか?

 

西尾 そうですね。やっぱり早く使えるピッチャーをそれなりに揃えたいという狙いが見えますね。

 

アナ そうですか。

 

西尾 河野投手はリリーフとかやれますからね。鈴木投手、望月投手もけっこうリリーフで使われそうな感じがするので、日本ハムにしては割と先を見据えたものよりも、割と近い来年・再来年を考えた指名に見えましたね。

 

アナ はい。小関さんはどうでしょう?

 

小関 そうですね。栗山監督の去就みたいなものがシーズン終わった時に噂されて色々と言われて残留になったんですけど、なんか栗山監督のためにすぐ使えるピッチャーを用意したのかなという感じがしますね。

 

アナ なるほど。

 

その他のチームの評価

 

以上です。

栗山監督はずっと将来性重視のドラフトを我慢させられたというのもあったでしょうね。
おすすめの記事