2020718vs.中日ドラゴンズ戦@甲子園の阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神 西勇輝

中日 勝野―佐藤―岡田―橋本

 

阪神先発の西は序盤からランナーを出すものの無難に抑えるスタート。阪神は3回裏に梅野の四球からチャンスを作り近本の内野ゴロ、糸原のタイムリーで2点先制する。更に阪神は5回裏に京田のエラーからチャンスを広げて得点を重ね大山の2ランなどで一挙6点追加。投げては西が6回表に3点取られはしましたが、最後まで投げ切り3失点で完投。阪神の8-3で阪神の勝利。

 

 

矢野監督の試合後のコメント

―好調の糸原について

矢野 ここ最近いい場面で打っている。キャプテン2年目でチームを引っ張るという意識もあり、本人も充実感があるんじゃないか。

 

―大山の2ランについて

矢野 見事やったね。練習でもいい形で打っていた。最近もめちゃくちゃ悪いという事ではなかったんだけど、明日も打ってくれるでしょう。

 

―今日の試合のポイントは

矢野 5回裏の得点の仕方。梅野の走塁が良かった。ショートゴロで全力疾走をして京田のエラーを誘い、セーフティスクイズで好走塁を見せていた。うちはああいう野球をしたいんだ。決して気持ちのいい得点ではないかもしれないけど、相手にとってはスゴく嫌な得点だった。うちらしさが出たかな。

 

 

以上です。

西が投げて大山が打つ。
おすすめの記事