2018年の2月に放送された「戦えスポーツ内閣」で阪神タイガースの藤川球児が対戦してきてナンバーワンの打者を語っております。タレントの稲村亜美と解説者の元阪神・八木裕が登場し3人で語っております。

 



稲村 藤川選手にとって今までで最高の打者は誰になりますか?

 

藤川 まあ、松井秀喜さんかな。僕がボールを投げてキャッチャーミットに入りそうだと思って打ち取ったというか見逃し、もしくは差し込まれた状態で空振りをすると思ったところからボールが消えますね。

 

稲村 消える?

 

藤川 バットが見えないんです。バットの出どころが体に近すぎて見えない。

 

稲村 えー。

 

藤川 2打席連続ホームラン。その時に。

 

稲村 うわー。それじゃあ、けっこう最悪な。

 

藤川 全然最悪じゃない。それはいい記念ですね(笑)

 

稲村 あぁ記念なんですか!

 

藤川 凄かった。もうその記憶が1番日本野球で強いですね。

 

稲村 あー。どうですか?(横にいる八木に尋ねている)

 

八木 俺もね、ファーストで守っているときにランナーが1塁にいる時にベースに付いてるやん。

 

稲村 はい。

 

八木 んで、松井がバッターボックスでごっつい速い打球が来て。ビックリするよ。

 

藤川 静から動への動きが凄すぎて。今の選手はタイミングを取る時にトップにバーっと後ろに引くけど松井さんはそんなんないんです。

 

八木 動かないからね。

 

藤川 こうやってしてそのまま振るんです。(※すでにトップの位置にバットを構えている状態からただ下に振り下ろす動作をする)

 

八木 そう。

 

藤川 カーンって。

 

稲村 はー。

 

八木 あれはまあ捕れんわ。絶対に捕れんわ。

 

藤川 捕れないですよね(笑)

 

八木 捕れん。

 

 

以上です。

松井秀喜のスイングスピードは速すぎるんです。

おすすめの記事