2019年1月4日にBS朝日で放送された『スポーツクロス』で野村克也と古田敦也が対談で二人の出会いについて語っています。テレビ朝日アナウンサーの徳永有美に説明し語り掛ける部分も多々あります。

 



野村 まずスカウト連中に注文を出していた。

 

アナ はい。

 

野村 いいキャッチャーといいピッチャーが欲しい。野手なんかはどうでもいいと。それでスカウトが「キャッチャーで一人いますよ ただ、問題があるんです」って。「何だ?」と聞いたら「眼鏡をかけてるんですよね」って言って。昔、我々の時代は眼鏡をかけてるキャッチャーはダメだった。今はコンタクトレンズもあるし、眼鏡をかけてても大丈夫だっていうのでドラフトで獲った。獲ってみてこんな良い選手とは知らなんだ。

 

古田 いえいえ。

 

野村 ブルペンでピッチャーのボールを受けてるやん。

 

アナ はい。

 

野村 キャッチングが上手いと思った。俺もキャッチャーだから。キャッチャーは構えてから一回ミットを下に下げるんだよ。反動をつけてボールをキャッチする。

 

アナ はい。

 

野村 彼は全く動かなかった。これが基本なんですよ。ヤクルトの時にユマキャンプに来たメジャーリーグのコーチが一番最初にそれを指摘したね。「何で日本のキャッチャーはミットを下げるんだ」と。私もキャッチャーなのにそんな事に目が届かなかった。古田をブルペンで見ているとそれが出来てるんだよ。「スゴいわ こいつ」となった。

 

古田 でも、自分で言うのもなんですけど捕るのは得意だったんです(笑)

 

野村 いや、本当に上手い。

 

アナ へぇ~。

 

野村 それで彼には伝えてたはずなんですよ。とにかく試合中にブルペンには行かんでいいからずっと相手バッター攻略を頭に入れて、ベンチで勉強しとけと。キャッチャーは頭を使うポジションだから。

 

アナ はい。

 

野村 当時のヤクルトには秦(真司)っていうキャッチャーがいて、秦には正直悪いんだけど、キャッチャーとして受けること、投げることがダメなんだよ。リードでもノーストライクスリーボールのカウントで、バッターは普通打ってこない状況。ど真ん中にストレートを普通は要求するじゃないですか。そこで秦は変化球を要求してフォアボールを出した。もうそれで決まった。こんなもん100%打ってこない状況で「何で変化球や?」っていう。それで歩かせたから、これはアカンと思って、それで「古田いけ!」って言った。

 

古田 そうですか(苦笑) 初めて聞いた(苦笑)

 

野村 投げてるピッチャーが内藤(尚行)、ギャオスだよ。

 

古田 フフッ(笑)

 

野村 もうヤクルトの野球ってこんな程度なのかと思ってね(呆れ)

 

 

以上です。

秦がキャッチャー失格で古田にお鉢が回ってきたということです。

おすすめの記事