2018年8月2日にスカイAで放送された「高校野球 夏☆甲子園直前生スペシャル」で北海道日本ハムファイターズの清宮幸太郎が高校野球の思い出を語っています。清宮幸太郎は早稲田実業高校で夏の甲子園を高校1年生の時にだけ出場し2ホームランを打ち準決勝まで勝ち上がりました。

 



―甲子園でのプレーの思い出や記憶は?

清宮 甲子園は本当に楽しかったなあというか、緊張とかなく、楽にリラックスしてあの雰囲気を存分に楽しめていたかなと思います。

 

―特に印象に残っているシーンは?

清宮 やっぱり、ホームランを打ったときですかね。2本打ったんですけど、どっちも凄く印象に残っています。映像で使われたりするときには甲子園でのホームランが使われたりするので、打っといて良かったなと思います(笑)

 

―高校野球を通して得られたものは?

清宮 みんなで一つのものを目指す楽しさというか。高校野球をやっている時は当たり前に感じていましたけど、やっぱりこうして終わってみると2年半ずっとみんなと練習して甲子園を目指してきたその日常っていうのが、すごい大切なものだったんだと、今思っています。

 

―高校球児たちにメッセージ

清宮 負けたら終わりの試合が続く高校野球も大変なスポーツですけど、本当に一試合一試合、自分の持っている力を全て出し切ってほしいというか。まあ、相手がいるスポーツなんですけど、それは関係なく、後悔のないプレーを1球1球してほしいと思います。

 

 

以上です。

相変わらず落ち着いた喋りでした。この放送の1年前まで高校球児として必死で戦っていたんですから色々と環境が変わりました。

おすすめの記事