2018年8月10日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.北海道日本ハムファイターズ戦で先発し8回途中で降板したものの無失点のピッチングを見せて勝利に貢献した福岡ソフトバンクホークスの千賀滉大のピッチング内容について元横浜の平松政次がフリーアナウンサーの節丸裕一と共に語っています。

 



【この日の千賀の投球内容】

7回2/3、125球、被安打6、奪三振9、四死球6、失点0

今季8勝4敗 防御率3.61 (8/10の試合終了時点)

 

 

アナ 苦手のファイターズ戦にホークスがようやく連敗を7でストップさせました。

 

平松 まあ、王者のソフトバンクがこの成績なのは本当に信じられませんけどね。

 

アナ はい。

 

平松 やはり、内川とか松田とかの、以前は相当打った主力たちが今は絶不調なんでね。だから、なかなかいいゲームができていませんよね。

 

アナ それにしても、今日は千賀がよく投げましたよね。

 

平松 そうだね。よく投げたねぇ。まあ、7月31日の西武戦で先発して5本のホームラン打たれたんですよ。

 

アナ はい。

 

平松 そのために長い期間を空けて、調整したんでしょうけどね。ストレートは走ってきましたね。

 

アナ はい。

 

平松 ストレートは走ってきたんだけども、やっぱり、千賀と言えばお化けフォークじゃないですか。

 

アナ そうですね。

 

平松 そのフォークのキレはまだまだだと思うんですよね。だから、バッターからすれば、その怖い恐ろしいフォークがあまりないんで、まだこのままだと攻略されるかなといったところでしょうね。でも、ストレートが戻ってきたんで、腕の振り自体は速くなっているんでね。そのうちフォークが落ちてくると思いますよ。

 

アナ はい。千賀の完全復調に期待したいですね。

 

平松 そうですね。

 

 

以上です。

まだ完全復調とまではいっていませんね。フォークのキレがまだまだ。このままだと攻略されるだろうということです。今後に期待です。

おすすめの記事