2018年7月29日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.読売ジャイアンツ戦で見事なリリーフを見せた中日ドラゴンズの中継ぎの佐藤優とロドリゲスについて元中日の立浪和義、元日ハムの岩本勉、元中日の谷沢健一がフジテレビアナウンサーの杉原千尋と共に語っています。

 



アナ 中日が連勝。4カードぶりの勝ち越しを決めました。

 

岩本 はい。ドラゴンズ打線が序盤に一気の猛攻でしたよね。

 

アナ はい。

 

岩本 ノーヒットノーランの影響はなかったですね。谷沢さん、その中で今日の先発小熊の後を受けたリリーフ陣なんですけど、佐藤優のピッチング。

 

谷沢 うん。

 

岩本 後半戦7試合でヒットを打たれていません。そして、13奪三振と抜群の内容なんですけども。

 

【佐藤優の7/16~7/29の成績】

7試合、8回、0安打、13奪三振 防御率0.00

 

 

谷沢 投球にキレがあるし、低めに非常にまとまっていますね。そういう意味では後半戦に楽しみなピッチャーですよね。

 

岩本 そうですね。立浪さん、最近あまり見なくなった沈み込むようなピッチングフォームですね。

 

立浪 そうですね。少し腕を下げながら、下から浮き上がってくるような、真っ直ぐにも力がありますし、何よりも制球が良くなりましたよね。

 

岩本 あー、コントロールに課題があったんですね。

 

立浪 ちょっとそういうところがあったんですけど、ちょっと自信を持ちだしたのが非常に大きいですよね。

 

岩本 この暑い時期に出てくるのはありがたいですね。

 

立浪 ドラゴンズは打線がいいだけに、これからピッチャーが頑張ればね。

 

岩本 はい。そして、ロドリゲスです。新加入のピッチャーですね。谷沢さん、ドミニカの選手ですけども、これからのドラゴンズ投手陣に貴重な左投手です。

 

【この日のロドリゲスの投球内容】

1回10球、被安打0、奪三振1、四球0、失点0

 

 

谷沢 まあ、今日は良かったんだけど、あまり肘を使わないというか、アーム式の投げ方なんでね。

 

岩本 はい。

 

谷沢 ボール自体は右バッターには見やすい感じがしないでもないけどね。

 

岩本 立浪さん、独特な投球フォームですよね。

 

立浪 今日は左バッターとの対戦はなかったんですけど、左バッターからすると、背中からくるようなイメージがあると思いますから打ちにくいでしょうし。

 

岩本 はい。

 

立浪 まあ、何よりも球がよく動くという印象を今日は受けましたね。

 

岩本 なるほど。それだけ動くということは、それだけ手も大きいんでしょうね。

 

立浪 そうでしょうね。

 

岩本 僕は手が大きくなかったんで動くボールを上手く使えなかったんですよ。

 

立浪 日本のバッターと動くボールは苦手ですからね。

 

 

以上です。

これから戦力になりそうです。ちょっとしたことで自信を持って開花するということもあるかもしれません。

おすすめの記事