2018年7月29日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.千葉ロッテマリーンズ戦で4回裏の満塁のピンチでリリーフ登板して無失点に抑えてプロ初勝利となった埼玉西武ライオンズの斎藤大将ついて元中日の立浪和義、元日ハムの岩本勉、元中日の谷沢健一がフジテレビアナウンサーの杉原千尋と共に語っています。

 



【この日の斎藤の投球内容】

1回2/3、35球、被安打2、奪三振3、四球2、失点1

今季1勝0敗 防御率1.80 (7/29の試合終了時点)

 

【斎藤のヒーローインタビューの一部】

斎藤 頂いた勝利なので、1勝ですけど、自分の1勝とは思わずに次はしっかりと自分で1勝を取れるように頑張っていきたいと思います。

 

 

アナ ライオンズが5連勝でルーキーの斎藤投手がプロ初勝利をマークしました。

 

岩本 そうですね。ルーキーイヤーにそうやっていきなり勝ち星を得られるのはライオンズとしても景気のいい材料ですよね。

 

アナ はい。

 

岩本 谷沢さん、それにしても(4回裏一死満塁で先発から榎田からスイッチした状況で)満塁でいきなりの登板なんですけども、いいマウンド度胸していますよね。

 

谷沢 うん。明治大学の出身なんですけど、学生時代に日米大学野球でこういう場面でリリーフを何度もしているんですよね。非常に度胸もあるしね。そして、コントロールも良いし、そういう意味ではハートも強いしね。

 

岩本 はい。

 

谷沢 まあ、リリーフ投手に相応しいピッチャーが出て来ましたよね。

 

岩本 なるほど。

 

谷沢 ライオンズはリリーフに苦労していましたもんね。

 

岩本 そうですね。立浪さん、苦労ばっかりしていたライオンズのリリーフ陣にいい光が差してきましたね。

 

立浪 やはり、腕の振りがいいですしね。あのスライダーの曲がりが素晴らしいですよね。

 

岩本 はい。

 

立浪 左バッターが相当苦労するんじゃないかと思いますね。

 

谷沢 岩瀬と比べてどうですか?

 

立浪 まだちょっと岩瀬の全盛期よりは・・・。

 

岩本 タイプ的にちょっと似た加減の腕の出どころに見えるんですけど。

 

立浪 まあ、そうですね。でも、岩瀬投手の場合はちょっと動くボールというかね。

 

岩本 あぁぁ、はいはい。

 

立浪 そういう向きがありましたからね。ただ、斎藤投手のスライダーは素晴らしいと思いますね。

 

 

以上です。

確かにちょっと岩瀬に似ているような感じがしますね。立浪から言わせるとそこまでではないようですが、色々と可能性は秘めていそうです。

おすすめの記事