2020814日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.東北楽天ゴールデンイーグルス戦で3安打猛打賞で勝利に貢献した埼玉西武ライオンズの高木渉について元横浜の野村弘樹と元巨人の松本匡史がフリーアナウンサーの柴田阿弥と共に語っています。

 



高木のヒーローインタビューの一部

1番という打順について

高木 プレッシャーはもちろんありますけど、その中で自分は精一杯のプレーをする事だけを心掛けて毎日やっています。

 

―明日に向けて

高木 スタメンじゃないかもしれませんけど、どの打順で出ても自分のできる精一杯のプレーをドームまで見に来ていただけると嬉しいです。

 

 

高木渉を語る

高木渉の打撃内容
8/13 二飛 右安 空三振 中3 左飛
8/14 左安 左2 空三振 右安 空三振

 

アナ 西武が楽天との乱打戦を制しました。松本さん、気になる選手はいましたか?

 

松本 西武打線を引っ張ってる高木渉ですね。バッティングに関しては言う事がないですね。

 

野村 そうですか。

 

松本 構えを見てもらったら分かるんですけど、バットのヘッドがピッチャー側を向いてるんですけど、テイクバックの時にそれがちょうど頭の後ろに入ってコンパクトにバットが出てくるんですね。非常にタイミングの取り方が上手いですね。

 

野村 なるほど。

 

松本 バッティングは非常にセンスがあるんですけど、守備に少し課題があって、考えてプレーをすればレギュラーとして今後は十分にやっていけると思います。

 

野村 その守備というのは打球判断ですか?

 

松本 そうですね。打球判断ですね。今は若いですから、思い切って何が何でも捕らなきゃいけないという気持ちが強いんですよ。今日も鈴木大地が打った右中間のフライの当たりを間に合わないのにダイレクトで捕ろうとして長打にしてしまった。

 

野村 はい。

 

松本 そこは落ち着いて、ダイレクトで捕ろうとせずに落ちてもいいから回り込んで長打を防ぐとか、そういう判断ができればいいと思いますね。映像を見れば分かりやすいんですが、ダイレクトでは捕れないのに深追いして捕ろうとしてしまうと。

 

野村 はい。

 

松本 それでスリーベースを許すという場面があったんですよね。そういうのが昨日(8/13)もありましたからね。その辺の判断ミスをなくしていくと、フルにレギュラーとしてやっていけるんじゃないかなと思いますね。

 

高木渉 20歳
1999年12月6日生 右投左打
真颯館高校―西武(育成ドラフト1位)

 

 

以上です。

打撃センスはありますが、打球判断がかなり悪い。
おすすめの記事