2018年8月10日vs.横浜DeNAベイスターズ戦の阪神・金本監督の試合後のコメントです。

この日の先発は阪神がエースのメッセンジャー、DeNAはドラフト1位ルーキーの東で試合が始まる。阪神は2回に糸井のヒット、ナバーロの2塁打、俊介の2塁打で1点を先制し、更に9番メッセンジャーがライト前にタイムリーヒットを打ち、この回2点を先取。更に3回表に3番福留がライトにソロホームランを打ち3点差とする。一方のメッセンジャーは本調子ではないながらも粘りのピッチングで7イニングを無失点で降板。8回裏に継投で能見が投げて宮崎にソロホームランを打たれて1点を取られるも9回裏はドリスが5球で締めて最終スコア3-1で阪神が勝利。MBSラジオとABCラジオの野球中継のレポートを参考に書いております。



 

【金本監督の試合後のコメント】

―今日の勝利について

金本 福留のホームラン、そしてバックの守り、メッセンジャーの粘り、それから俊介もよく打ったし、全てが大きかった。チーム一丸でいけました。

 

―先発のメッセンジャーについて

金本 状態が良くないときの粘りというか、あの調子で7イニングを無失点なんだからね。二重丸でいいんじゃないか。

 

―ファーストのスタメンがロサリオではなくナバーロの起用について

金本 ナバーロは左ピッチャーがどうこうとか関係のないバッター。一方のロサリオは東のチェンジアップがちょっとキツイかなという判断です。この球場、風のことを考えて守り重視のオーダーを組みました。

 

―この勝利でチームは乗っていけるか?

金本 常に乗っていきたいですよ。

 

 

以上です。

横浜スタジアムの相性の良さが出まくりでした。メッセンジャーは本来の調子ではなかったですが、ギリギリのところで相手が打たないという試合展開でした。

おすすめの記事