2020年10月13日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.阪神タイガース戦で勝利し、開幕3戦目以来の貯金1となった中日ドラゴンズについて元中日巨人の井端弘和、元ヤクルト広島の笘篠賢治、楽天で監督をしていたデーブ大久保がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



アナ 中日が阪神に勝利し、遂に貯金生活に入りました。

 

大久保 そうですね。井端さん、中日は開幕3戦目時点で貯金生活だったんですけど、そこからバタバタっとなって上手くいってなかったじゃないですか。

 

井端 そうですね。

 

大久保 今こうやって上手く回り出した理由は何ですか?何か情報は入ってますか?

 

井端 上手くいってるのは、やっぱりAクラスに入ろうという目標を持ってやってますので、その辺のモチベーションが他のチームよりもあるのかなっていうところだと思いますし。

 

大久保 はい。

 

井端 あとは7回以降の勝ちパターンのピッチャーがいいので、そこまでに何とかすればっていうところで。

 

大久保 そうですね。

 

井端 そして試合の序盤ではバントをあまりしてこなかったのが最近はするようになって、そういう作戦面でも多少変わってきたのかなというのがありますね。

 

大久保 確かにね。苫篠さんはどう見てますか?

 

苫篠 前半戦はやっぱり怪我人が出て、アルモンテがいなかったり、高橋周平がいなかったり。

 

大久保 はい。

 

苫篠 やっぱりレギュラーメンバーがキッチリ揃ったら戦えるなと。まだ控え選手との差があるのかなって思っているんですけど、そこで若い選手を使って経験を積ませて、そして怪我人が戻ってきた。戻ってきたら戦える戦力はキッチリとある、というのが実証されてますよね。

 

大久保 なるほど。まあ優勝は厳しいですけど、2位に入るか入らないかはスゴく大事なところだから。

 

アナ はい。

 

大久保 これはチャンスがありますよね。

 

アナ ゲーム差も0.5ですからね。

 

以上です。

レギュラーが揃うと強い。
おすすめの記事