2021年4月27日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.東京ヤクルトスワローズ戦で1軍初出場で2安打を放った読売ジャイアンツのスモークについて元横浜の高木豊、元日ハムの岩本勉、楽天の監督をしていたデーブ大久保がフリーアナウンサーの柴田阿弥と共に語っています。

 



この日のスモークの打撃内容
1打席目 ライト前ヒット(田口から右打席で)
2打席目 ショートゴロ
3打席目 ショートゴロ
4打席目 ライト前ヒット(清水から左打席で)
初出場で左右1安打ずつ

 

アナ 巨人が乱打戦を制してヤクルトに勝利しました。

 

大久保 テームズが負傷してウィーラーがその穴を埋める活躍を見せましたが、ではスモークについてはどう見られましたか?ファームでは結構やるんじゃないかなと思ったんですが。

 

高木 右と左で両方とも1本ずつ打ったんですけど、右はちょっとクセがあってインサイドに苦しむかなという感じがしたんですよね。

 

大久保 はい。

 

高木 そして左はボールの見逃し方と対応の仕方がいいと思いますね。

 

大久保 左投げの選手がスイッチで右バッターボックスで打つのって珍しいですよね。

 

高木 はい。だから左の方がスゴく柔らかく感じましたね。ただね、足が遅いんですよね。だから塁上で渋滞を起こしそうですね(笑) その点ではちょっとマイナスかもしれないですね。

 

大久保 そこもちょっと注目ですね。では岩本さんはスモークについてピッチャー目線でどうですか?

 

岩本 来日して1軍で右でも左でもヒットを打てた事は、チームにとっては期待のできる助っ人外国人選手が合流したなと、そういう判断になると思うんですね。

 

大久保 はい。

 

岩本 それで豊さんも言われたように、何かバットコントロールが柔らかい選手だなという印象を僕は持ちました。

 

大久保 という事は戦力になるぞと。

 

岩本 そういう事ですね。

 

大久保 今日の試合を見てて、テームズの怪我は残念でしたけど、いなくなってもウィーラーが出てきてすぐに穴を埋めるというのは強さを感じましたね。

 

 

以上です。

左打席だとやりそうな雰囲気みたいです。
おすすめの記事