2018年10月30日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」で日本シリーズ2018、広島カープvs.福岡ソフトバンクホークスで3戦、9回裏のSB抑えの森唯人の投球についてヤクルトで監督をしていた真中満、元横浜の高木豊と斎藤明雄がフリーアナウンサーの堤友香と共に語っています。

 



アナ 9回表にソフトバンクの1点リードの場面で抑えの森唯斗投手が出てきました。

 

高木 森が出てきたけど、これクリーンナップの3番丸から始まるんですよね。

 

斎藤 これイヤですよ。当たっていない丸でも一発の多いバッターが多いので、本当に1球の失投が命取りになりますからね。

 

高木 はい。

 

斎藤 だけど、先頭の丸に対していいカーブを投げて打ち取りました。

 

高木 真中さん、さっきからキャッチャーのことを言ってますけど、丸に対してはいいリードを高谷がしましたね。

 

真中 フルカウントまでカーブを見せずに最後はカーブで裏をかいたようなリードでしたね。最後にカーブは勇気がいりますけどね。

 

高木 それで先頭バッターを取れたてというのが大きかったかもしれないですね。

 

真中 それは大きいと思います。8回の攻撃もありましたし、また先頭が出るとイヤな流れになりますからね。

 

高木 そうですね。それでも広島は繋いで2アウト1-3塁まで来ました。明雄さん。

 

斎藤 一打同点で外野の間を抜けると逆転ですからね。

 

高木 はい。

 

斎藤 ここで森がどういうピッチングをするのかと見ていましたけど、もう打てるものなら打ってみろという投球ですよね。

 

高木 うん。

 

斎藤 これはマウンドで開き直れる森がいたから抑えられたと思いますよ。あれがもしボールから入って、2球目はこうしてああしてって考えてしまうと、ボールが先行してストライクを取りにいって痛打を浴びるという感じだったでしょうね。

 

高木 うん。

 

斎藤 もう森の度胸の良さが出た野間との対決でしたね。

 

高木 真中さん、森というのはカット系のピッチャーですよね。

 

真中 左バッターならもう狙っていきますよね。

 

高木 狙っていてもカットボールはイヤですもんね。

 

真中 だから紙一重ですよね。ちょっとでも中に入っていると1-2塁間にヒットが飛んでますもんね。あそこでインコースをしっかりと投げられたのでファーストゴロになりましたけど。

 

高木 そうですね。

 

真中 インコースのカット系を野間も狙ってますよね。そこをしっかり投げました。

 

斎藤 投げたよねぇ(笑)

 

高木 分かっていてもキッチリ投げられると打ちにくいですよね。詰まっちゃうというか。

 

真中 まあ、最後も見所がありましたね。

 

高木 そうですね。もうドキドキして中継が間に合わないかと思った。

 

真中 そうですね。プロ野球ニュースのね(笑)

 

高木 本当に面白い試合でした。

 

 

以上です。

最後まで盛り上がった試合でした。

おすすめの記事