201989日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.中日ドラゴンズで5年ぶりのサード起用で2本のホームランに7打点と大活躍した横浜DeNAベイスターズの筒香嘉智について元南海阪神の江本孟紀、元横浜の高木豊、元巨人の松本匡司がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



筒香のヒーローインタビューの一部

―チームが好調

筒香 チームが本当にいい位置にいますので、そこがエネルギーになってます。

 

―サードの守備について

筒香 迷惑をかけないように必死に構えてました。

 

―今後に向けて

筒香 8月、9月と本当に厳しい戦いが続いていくと思いますが、ファンの皆様の応援が選手の力になりますので最後までご声援よろしくお願いします。

 

 

高木、松本、江本が語る

この日の筒香の打撃内容
1打席目 レフトホームラン
2打席目 空振り三振
3打席目 レフトホームラン(打点4)
4打席目 センター前ヒット(打点2)
今季 率.284 本21 点59(8/9の試合終了時点)

 

アナ 2本のホームランに7打点と、まさにキャプテンに相応しい活躍でしたね。

 

高木 でも、サードでスタメンでしょ() 何年やってなかったのかと。それが5年ぶりだから。松本さんはサードやったことありましたよね?

 

松本 サードもセカンドもやってましたね。元々が内野手でした。

 

高木 でも、外野から久しぶりに戻るって大変ですよね。

 

松本 もちろんゴロを捕ることは何とかできると思うんですけど、やっぱりサインプレーとか色んなプレーがあるんでちょっと不安になることもあると思うんですけどね。

 

高木 そうですよね。僕がコーチをやってる時に筒香は捕ることと投げることはスゴく上手い選手だった。

 

アナ はい。

 

 

高木 ただ反応がちょっとどうなのかなっていうところで。江本さん、ピッチャーならサードには打たせたくないですよね。

 

江本 中日はセーフティーバントとかはしなかったの?

 

高木 そういう攻めがなかったんですけどね。ただチームが危機的状況で宮崎がいない、伊藤がいない、そしてパットンも離脱した。

 

江本 うんうん。

 

高木 その中で筒香がキャプテンで支えてくれていますよね。

 

江本 キャプテンは給料に反映されるんかな?

 

高木 それについて聞いたときに「ないです」と。

 

江本 ないのか。まあキャプテンというよりも自分の成績を上げないとね。筒香が打てばこうやって勝つんだから。

 

高木 ただ、2番に入ってサードで急に使われて大変。

 

江本 でもね、やっぱりバッティングは器用ですよ。バッティングを見ても今日のレフトへのホームランの打撃なんて器用な打ち方だもん。

 

高木 でも、サードに入って距離感が近くなったじゃないですか。それでピリピリするようになったのかもしれませんね。

 

江本 あぁ、打球が速いから緊張感があるかも分からんね。

 

高木 そうそう。そういう意味では今日なんかはいい効果があったのかもしれませんね。

 

江本 それがラミレス監督の狙いだったの?

 

高木 そうかも分からないです。

 

アナ そのラミレス監督はサードに起用について「筒香選手がチームが勝つためなら何でもやらせてくださいということだった。非常に頼もしいと思った。明日もサードでいきます」と。

 

高木 けっこう瞬発力を使うポジションなんで、怪我だけは避けるようにしてもらいたいと思いますね。

 

アナ そうですね。

 

 

以上です。

久々にサード起用と聞いて緊急感でワクワクしました。
おすすめの記事