2021年9月5日vs.読売ジャイアンツ@甲子園の阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神 秋山―藤浪―馬場―小川―岩崎―スアレス

巨人 メルセデス鍵谷―大江―デラロサ―中川―ビエイラ

 

阪神の先発・秋山は初回から吉川にタイムリー、中島に2ランを浴び3点先制される。矢野監督は秋山を2回で見切りを付けて3回から藤浪を投入。その藤浪は3回4回は何とか抑えましたが5回に捕まり岡本に3ランを浴びて6点差となる。阪神は6回裏に中野が打ったセンターへの飛球を丸が落球し3塁打、続くサンズのショートゴロを若林がエラーで1点返し、原口・ロハスのタイムリーで3点追加し一挙4点で2点差に迫る。更に7回裏にはエラー絡みで1点返し、更に糸井のタイムリーでとうとう同点に追い付く。9回裏には巨人の守護神ビエイラを2アウト満塁まで追い込みましたが、あと1点取れず引き分け。

 

矢野監督の試合後のコメント

―同点打の糸井について

矢野 やっぱり早出でバッティング練習をしたりしていた。あの場面で代打で打つのはスゴく難しいんだ。チームにとっても嘉男が打てば盛り上がる。

 

反省点について

矢野 初回ノーアウト1-2塁で点を取る事ができなかったし、もちろん6点取って追い付けたというのはあったんだけど、課題はありますよ。

 

 

以上です。

よく追い付いたけどサヨナラもいけたような。
おすすめの記事