2018年8月20日にテレビ朝日で放送された「帰れマンデー見っけ隊!!&中居正広のスポーツ!号外スクープ狙います!」で落合博満が現役時代の年俸に関する話について番組MCの中居正広と共に語っています。他にも喋っている人がいますが、それを全部まとめて中居として構成しています。

 



中居 発表される年俸って推定ですよね。

 

落合 はい。

 

中居 みんな基本的に低く言うっていうのが何か、これだけ貰ってるっていう風に言われたくないからちょっと低めに言いがちですよね。でも、落合さんは年俸の額をハッキリ言っちゃう。ハッキリ言っちゃう年とハッキリ言わない年があるんですか?

 

落合 それはあります。

 

中居 その使い分けはどういうことですか?

 

落合 やっぱり球団との話し合いですよ。「発表はこれだけにしてください」と言う時もあるし。だから、揉めてる時はちゃんと『いくらで』っていうことは言ってもいいけど、すんなり終わってる時はお互いオブラートに包んだように言いますね。

 

中居 スムーズにいった時の方がハッキリ言わないんですね。

 

落合 うん。恐らく別の数字を言ってるはずです。

 

中居 でも、一番最初の1億円プレイヤーだとか、3億円プレイヤーでしたよね。その金額を『普通に言っちゃうんだ』っていうイメージがスゴくあります。

 

落合 ちょうど1億円にいった時というのは中日とのトレードの時だったからね。

 

中居 ロッテと1対4のトレードがありましたよね。

 

落合 要はその前の年に1億円にいくかいかないかの攻防ラインがあったんです。

 

中居 ロッテとの交渉ですね。

 

落合 うん。その時に言われたのが「なんで棒を振っている選手が1億円貰わなきゃいけないんだ」って言われてね。

 

中居 へぇ~。

 

 

ここから1億円突破についてのエピソードが始まります

 

 

落合 この当時はちょうどゴルフだとか、競輪とか競艇では1億円とか2億円だとかっていう時代だったんですよ。

 

中居 はい。そこでプロ野球でもっていう感じになりますよね。

 

落合 そこにたまたま北野武さんと話しすることがあってね。

 

中居 はい。

 

落合 それで武さんに「いくら貰ってんの?」って聞いたら、「俺はこれだけ貰って、何で野球をやっているお前は1億円も貰ってないの」っていう話になってね。

 

 

以上です。

このあと中居の年俸のMAXはいくらなのかという話に逸れていったので割愛しました。

おすすめの記事