2020年12月5日にフジテレビで放送された「S-PARK」で100人が選ぶナンバーワンの「守備部門」が紹介されていました。ナレーターと選手の語りと共に進行します。

 



守備部門 4位

源田壮亮 いつも捕って投げるまでがどんな打球でも同じように見えて。安達さん。

 

第4位は2年ぶりの上位ランクインのオリックス・安達了一が4票を獲得。今シーズンの出場は僅か78試合ながら多くの支持を獲得。ここ3年間の守備率も抜群の安定感を見せている。

 

安達の過去3年間の守備率
2018年 .989
2019年 .978
2020年 .988

 

 

守備部門 3位

杉谷拳士 野性的な感じが好きです。

 

近藤健介 守備範囲と肩。辰己。

 

則本昂大 辰己がナンバーワンやと思います。

 

第3位は楽天の2年目、辰己涼介。走っては50メートル5秒7の俊足と投げては遠投125メートルの強肩でスーパープレーを連発。実は外野手としては元ロッテの岡田幸文さん以来となるベスト3入りとなった。

 

 

番外編

甲斐が自身でナンバーワンだと考えるプレーがあるらしい。

 

甲斐拓哉 キャッチャーをしていて、まあまあボールが体に当たっています。そこが一番じゃないですか(苦笑)

 

甲斐がナンバーワンだと自負するもの。それはピッチャーの投球をワンバウンドで止めた回数。その数をカウントするとシーズンで449回で本当に12球団で1位の数字だった。これには『お化けフォーク』の使い手も・・・。

 

千賀滉大 スゴいベース板ぐらいでワンバウンドする球っていうのは、角度的にも喉とかも当たってる。でも逸らさずに止めるんで。

 

甲斐拓哉 当たって2日後とかが結構青くなったりするので、まあまあそれもキャッチャーの勲章なのかなと思ってやっています。

 

「絶対に止めてくれる」という信頼が日本一のフォークを支えている。

 

 

守備部門 第2位

澤村拓一 上手いプラス華やか。

 

浅村栄斗 パ・リーグでは右に出る者はいないと思います。

 

木浪聖也 源田さん。

 

惜しくも3連覇とはならず。第2位は西武・源田壮亮で29票。その芸術的なグラブ捌きは健在。そしてSNS上で絶賛されたプレーがある。

 

 

 

全く無駄のないタッチプレー。これには西武のキャッチャー森も絶賛。

 

森友哉 めちゃくちゃ上手いです。源さんには感謝しかないですね。

 

 

守備部門 第1位

宮崎敏郎 シーズン無失策。

 

坂本勇人 0っていうのはやっぱりスゴいですね。

 

ビシエド キクチ。

 

鈴木誠也 キクさんですかね。理由ないですよ(笑)

 

3年ぶり5度目の1位を獲得。42票で広島・菊池涼介。今シーズン503の守備機会を無失策で終え、セカンドでは史上初の守備率10割を達成。

 

歴代セ・リーグ セカンド守備率
1位 菊池涼介 1.000 (2020年)
2位 高木 豊 .9971 (1987年)
3位 立浪和義 .9970 (1993年)

 

山田哲人 無失策という記録も作っているので尊敬しています。

 

松田宣浩 毎年毎年、守備に関してはキクリンがスゴく意識高くやっているんじゃないかなと思います。

 

 

1位 菊池涼介の言葉

―1位獲得について

菊池 物凄く嬉しいです。やっぱり毎試合「イレギュラーしないかな」とか色んな不安な気持ちもありましたし、苦しかったです。

 

菊池が選んだ今シーズンのベストプレーは10月14日の巨人戦でのゲッツーのプレーがこちら。

 

 

菊池 全てが噛み合わないと投げれない体勢だったので、投げた後も自分で「いい球いったな」とちょっとビックリするくらい全てが噛み合ったスローイングだったな思います。

 

―今後の抱負

菊池 これからも攻めて攻めて攻めまくって、また1位を獲得できるように頑張っていきたいと思います。

 

2020年 守備部門
1位 菊池 涼介(広島) 42票
2位 源田 壮亮(西武) 29票
3位 辰己 涼介(楽天) 6票
4位 安達 了一(オリ) 4票
5位 高橋 周平(中日) 3票
5位 和田康士郎(千葉) 3票

 

以上です。

シーズン無失策は凄い。
おすすめの記事