2018年8月15日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.東北楽天ゴールデンイーグルス戦で2ホームラン、4打点をあげて勝利に貢献した元首位打者の福岡ソフトバンクホークスの長谷川勇也について元中日の谷沢健一と元横浜の野村弘樹がフジテレビアナウンサーの小澤陽子と共に語っています。後半はこの日の先発のバンデンハークについて元横浜の斎藤明雄が語っています。

 



【この日の長谷川の打撃内容】

1打席目 ライトホームラン (打点2)

2打席目 セカンドフライ

3打席目 ライトホームラン (打点2)

 

 

アナ ソフトバンクが後半戦、初めての3連勝なんですね。

 

野村 そうですね。意外なんですよね。

 

アナ はい。

 

野村 谷沢さん、今日はデスパイネが好調でしたけど、そのデスパイネの後ろを打った長谷川が2ホームラン。4打点ですよ。

 

谷沢 えぇ。

 

野村 内川が出てないとはいえ、こうやって出てきた選手がすぐに結果が出せるようになってくるのは影響が大きいですよね。

 

谷沢 長谷川は下半身を痛めて、非常に長く治療に専念していましたけどね。昨年からは戻ってきたけども、彼のいいところは下半身なんですよね。

 

野村 はい。

 

谷沢 それで、軸足を見ると下半身の回転というか、軸足がすぐに回転しないんですよ。

 

野村 入らないということですよね。

 

谷沢 下半身で打っているんですよね。ということは、下半身が非常にしっかりしてきた証拠なんですよね。

 

野村 なるほど。

 

谷沢 下半身が悪いと軸足が踏ん張れないんですよね。

 

野村 じゃあ、そこの良さが出てきたということですね。

 

谷沢 そうですね。

 

 

ここからこの日のバンデンハークの話題

 

【この日のバンデンハークの投球内容】

6回96球、被安打3、奪三振6

四死球2、失点1

今季8勝7敗 防御率4.66 (8/15の試合終了時点)

 

 

野村 斎藤さん、今日投げたバンデンハークなんですけど、昨日(8/14)の東浜に続いて今日はバンデンハークが勝ちましたけども、このへんも大きいですよね。

 

斎藤 そうですね。まあ、2回終了時点で爪が割れて交代するのかなと思ったんですけど、6回まで投げましたね。初回は投球フォームが早かったんですけど、2回以降は落ち着いた投球フォームで、足を上げて地面に着くまでしっかりと体重を移動させて、そのまま投げきるからボールの威力が初回に比べると2回以降は出てきていましたね。

 

野村 なるほどですね。

 

アナ 中11日での連勝ということで。

 

野村 大きいですね。

 

 

以上です。

さすが元首位打者です。

おすすめの記事