2018年7月29日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.東京ヤクルトスワローズ戦で5打席で4出塁で2安打3打点の活躍を見せた阪神タイガースの福留孝介について元中日の立浪和義、元日ハムの岩本勉、元中日の谷沢健一がフジテレビアナウンサーの杉原千尋と共に語っています。

 



【この日の福留の打撃内容】

1打席目 センターホームラン (打点2)

2打席目 四球

3打席目 ショートフライ

4打席目 四球

5打席目 レフト2塁打 (打点1)

 

 

アナ 阪神が連敗を2でストップしました。

 

岩本 はい。ヒーローインタビューの中谷選手も大活躍でしたけども、今日は解説の先輩方々が左バッターのエキスパートなんですよ。

 

アナ はい。

 

岩本 ベテランの福留についてお聞きしたいんですけども、谷沢さん、福留がベテランなんですけども、貴重な存在ですね。

 

谷沢 阪神の打線の繋がりというのは非常にムラがあるんですよね。

 

岩本 はい。

 

谷沢 それで、今日の福留のバッティングを見るとコースに逆らわない。

 

岩本 うーん。

 

谷沢 1打席目のセンターオーバーのホームラン。最後の打席でもレフトオーバーのタイムリーを打ちましたけど、福留がいなくなると、どうしても阪神打線に重みがないんですよね。

 

岩本 はい。

 

谷沢 だから、みんなが繋がりを作るような意識を持たないとなかなか得点力は上がってこないですよね。

 

岩本 なるほど。立浪さん、もういいお手本になっていますよね。

 

立浪 もうバッティングは素晴らしいですよね。41歳になってもこれだけのバックスクリーンにホームランを打てるわけですから。

 

岩本 はい。

 

立浪 ただ、福留選手が打たない時の阪神打線というのがね。ちょっと点がなかなか入らないんですから、今日決勝打の中谷選手であったり、若い北條選手であったり、そういった選手が活躍していかないとね。

 

岩本 なるほど。ずっと頼りっきりでも阪神打線としてはちょっと具合が悪いと。

 

立浪 やはり、ちょっと言い方が悪いですけど、年齢が40を超えていくとずっと続けられる持続力がないんですよね。どうしても波が出てきますから。

 

岩本 はい。

 

立浪 まあ、福留選手は素晴らしいんですけど、若い選手に奮起してほしいですよね。

 

岩本 追い付け追い越せですよね。

 

立浪 片岡ヘッドコーチも今日はよく眠れますよ。

 

岩本 なるほど(笑)

 

 

以上です。

福留に頼りっきりというのが阪神の若手のダメなところですね。若手の外野はそろそろちゃんとしないとダメです。

おすすめの記事