2020年9月21日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.東京ヤクルトスワローズ戦で先発し、2勝目をあげた中日ドラゴンズの勝野昌慶について元南海阪神の江本孟紀と元巨人の松本匡史がフジテレビアナウンサーの大村晟と共に語っています。

 



勝野のヒーローインタビューの一部

勝野 勝てたことはスゴく嬉しいですけど、初回からあまりピリっとしないというか。その中で点を取ってくれた野手の方に感謝しています。次は初回からもっとアグレッシブなピッチングをファンの皆さんに見せれたいいなと思っています。

 

 

勝野を語る

この日の勝野の投球内容
5回1/3 99球 被安打8 奪三振3 四球2 失点3
今季2勝3敗 防御率3.86(9/21の試合終了時点)
粘りの投球!

 

アナ 中日はヤクルトに勝利して3連勝です。先発の勝野投手が今シーズン2勝目を挙げました。江本さんの目から見て、今日の勝野投手のピッチングはどうでしたか?

 

江本 まあ、基本的には攻めのピッチャー。ドンドン向かって行くというね。その気持ちはいいんですけどね。あとはスタミナでしょうね。

 

アナ スタミナ。

 

江本 うん。99球ぐらいで代わってるとそんなに勝てませんよ。今日は大量の援護があったから良かったんだけど、やっぱりもっと目標を上げてね、「完投してやるぞ!」というぐらいの気持ちでやっていかないといけませんよね。

 

アナ うーん。松本さんはこの辺りについてはどうですか?

 

松本 球数に関しては江本さんが言われたようにスタミナを付けないといけないと思いますけど、ちょっと見てて気になったのが、低めのストレートなんですよね。

 

アナ はい。

 

松本 村上にホームランを打たれて、坂口に打たれたのも低めなんですよ。本来なら低めで抑えないといけないんですけど、低めが打たれたということは、もうひとつボールに力がなかったのかなとちょっと感じますね。

 

アナ なるほど。その球威については江本さんはどうご覧になりますか?

 

江本 うーん。低めの変化球では打ち取ってるんですけどね。今言ったような低めの真っ直ぐというのはただ低めに投げればいいっていう投げ方をしてると思うんですよね。だからもう少しその辺でも研究して、高低を使うとかのピッチングをした方がいいと思いますね。

 

アナ なるほど。今日は6回途中までを投げて99球。勝野投手は今シーズン2勝目をあげています。

 

 

以上です。

課題はありそうですけど、能力は高そうです。
おすすめの記事