2018年5月にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース』でオープンスタンスをテーマに元ヤクルトの監督の真中満、元阪神ダイエーの池田親興、元横浜の野村弘樹が稲村亜美と共に語っています。

 



稲村 私は見た瞬間に打ちにくそうだなと感じるんですけど。

 

野村 なるほど。

 

稲村 はい。外角の球に届かないんじゃないかなと思うんですけど、野村さんはどうお考えでしょうか。

 

野村 僕は普通にスクエアに構えていたんですね。実際に開いて構えた時に、もう1回中に足を入れて打たなきゃいけないんで、逆にタイミングの取り方とか早く動かなきゃいけないという感覚が僕にはちょっとあるんですよ。

 

稲村 私もです。

 

野村 一緒ですか。亜美ちゃんもスクエアに構えるんですよね。

 

稲村 そうですね。私も足を揃えて構えているので。

 

野村 これはやっぱり、真中さんに聞かなきゃいけない。真中さんも少しオープンスタンスでしたよね。

 

真中 そうですね。僕も開いて構えていたんですけど、メリットは両目でボールを見られるという事なんですよ。開くことによって僕の場合は左目でもボールを見られるんですよね。(※真中は左打ちなのでキャッチャー側の目が左目)

 

稲村 はい。

 

真中 両目でボールを見ることによってインコースがしっかり確認できるんで打ちやすくなりますね。

 

野村 その確認というのはストライクゾーンの見極めも含めてということですか?

 

真中 はい。それで、僕は左目が利き目になるんですよ。利き目で見ることは良いと思うんで、僕は開いて構えないと左目で見られないんですよね。その代わりアウトコースに関しては少し遠く見えてしまうんで。

 

野村 それがデメリットになる。

 

真中 そうですね。だから、メリットはインコースに関しては目付けがしやすいということですね。

 

 

野村 オープンスタンスでタイミングの取り方が変わることはないですか?

 

真中 結局、打つときにはしっかりと足を引いて打ちますんで、構えがオープンでも打つときは変わらないですから。開いたまま打つわけじゃないんで、ちゃんとしっかり体重を乗せてから打ちますね。そこはそんなに意識しなくても良いと思うんですけど。

 

野村 開いている方がインコースには安心感じゃないですけど、視野が広く感じるんですよね。

 

真中 そうですね。僕はインコースばっかり狙っていたんで、オープンスタンスによってしっかりと見れる。その代わりアウトコースがあまり得意じゃなかったですから、どっちかと言うとインコース寄りのボールで勝負をしていたという打撃スタイルだったんですけど。

 

野村 あー。

 

真中 だから、人によってなんですけど、流行りもあるんでしょうね。みんながやっているから真似をするという。

 

野村 真中さんは真似したわけじゃないでしょ?

 

真中 僕はなんとなく見やすかったですからね。

 

稲村 最近オープンスタンスの選手が多いですよね。

 

野村 多い。チカさん、最近多いですよね。

 

池田 やっぱり、大谷選手がオープンスタンスかなっていうのと、高校野球を見ていると選手がほとんどオープンスタンスで今の流行りというのもあるんですが、1つだけ僕が思うのは個性が消えている感じがするんですよ。今、大谷選手がメジャーで適応するためにステップの幅を無くしたっていう。

 

 

野村 すり足にしたっていうね。

 

池田 ヒールアップダウンみたいな感じになっていますけど、でも、オープンスタンスが悪いんじゃなくて自分の形に合うようにしてほしいんですが、今は流行りと、やってみるとオープンスタンスだと打ちやすいというのがあるんじゃないですか。立ちやすい、構えやすいというところが。それと、開くことによって軸足にしっかり重心が乗るというのもあるかもしれないですね。

 

野村 なるほど。

 

池田 今はちょっとオープンスタンスが主流ですよね。昔はクローズスタンスという真逆のものもありましたよね。でも、打つときには結局、スクエアに戻るということですよね。

 

真中 まあ、どう構えても打ち出しは一緒なんで、本人の趣味みたいなもんですよね。開いて構えるのか閉じて構えるのか。でも、打ち出しは全員スクエアになっていますから。

 

野村 開いていてもちゃんと閉じて打ちにいくという。

 

真中 そうですね。そこは個人的な見方とか、感覚的な問題だと思うんで、そんなに気にしなくてもいいと思うんですけど。

 

池田 ピッチャーの方はバッターがオープンスタンスで構えると懐が広くなるんで投げやすくなるんですよね。

 

野村 チカさん、ピッチャー目線でオープンスタンスとスクエアスタンスで投げやすい、投げにくいはありますか?

 

池田 オープンの方が最初投げやすいのかなと思っていたんですよ。ちょっとスペースが空いているじゃないですか。

 

野村 うん。

 

池田 だから、ちょっと投げやすいという感じなんですけど、スクエアよりかは内角に投げやすい状況を作ってくれていると思います。

 

野村 僕は開かれているとかあんまり関係ないけど、イメージするとオープンスタンスの方がインコースには突っ込みやすいですね。

 

稲村 当てる心配も少しなさそうですよね。

 

野村 うーん。そうね(笑)

 

稲村 デッドボールの心配もないですよね(笑)

 

野村 そうねって言っちゃったけど(笑)

 

 

以上です。

オープンスタンスは流行りでしょうね。NYYのスタントンなんかは物凄いクローズスタンスで異彩を放ってますよね。

おすすめの記事