2018年8月14日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.東京ヤクルトスワローズ戦で抑えにアダメスを起用した読売ジャイアンツ。この抑え起用について元横浜の高木豊、元ロッテの里崎智也、ヤクルトで監督をしていた真中満がフリーアナウンサーの堤友香と共に語っています。

 



【状況】

9回裏、巨人は1点のリード

1アウト2-3塁の大ピンチでバッター雄平

 

 

高木 巨人の抑えのアダメスです。

 

真中 アダメス。

 

高木 あのままで良かったのかっていう状況でしたけども。

 

真中 ピンチの後でしたからね。

 

高木 まあ、ピンチを迎えて5番の雄平を申告敬遠したじゃないですか。

 

真中 はい。

 

高木 あの時点で巨人のブルペンは左ピッチャーが池田駿と中川の2枚が残っているんですね。

 

真中 そうですね。

 

高木 ここでピッチャーを代えるという選択肢はないですかね?

 

真中 まあ、恐らく高橋由伸監督はこのアダメスをマシソンがいない間のクローザーとして起用しようという考えのなかで、ここは何とか踏ん張って、経験させたいというか、勢いをつけたかったのかもしれませんね。

 

高木 まあ、後ろピッチャーを決めたいということですよね。

 

真中 そうですね。まあ、抑えを決めた方が監督も次からの起用が楽ですからね。

 

高木 うーん。里崎さん、こういう時って、どう思います。

 

里崎 僕が監督だったら、アダメスには信用度が全くないんで、即降板させますね。

 

真中 ハハハ(笑)

 

高木 じゃあ、申告敬遠をする前に左ピッチャーを出して、雄平と勝負して、次の川端にも左ピッチャーでいかせると。

 

里崎 はい。もうアダメスは作られた守護神なんで、どうせマシソンが帰ってきたら、守護神じゃなくなるんで。(大声)

 

高木 うーん。まあ、これは監督の考え方によるよね。

 

里崎 そうですそうです。何がいいとか間違っているとかじゃなくて。

 

真中 結果、最終的に抑えればそれが正解ですからね。

 

高木 そうですか。いや、サトからすごい圧がきましたね。

 

アナ 声がすごかったです(笑)

 

高木 そこまで言わんでもみたいな(笑)

 

アナ はい(笑)

 

高木 まあまあ、色んな考え方があるんですよね。

 

アナ 本当にそうですよね。

 

高木 まあ、これからの高橋由伸監督の起用法に注目ですよね。

 

アナ はい。

 

 

以上です。

真中は監督目線で語っていますけど、里崎はテレビゲーム感覚で言いっ放しに聞こえました。

おすすめの記事