2021年10月6日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.横浜DeNAベイスターズ戦で1ヵ月ぶりの6勝目を飾った阪神タイガースの西勇輝について元日ハムの岩本勉、元横浜の斎藤明雄、ヤクルトで監督をしていた真中満がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



西のヒーローインタビューの一部

西 先頭をよく出したんですけど、バックの守備や梅野のリードもそうなんですけど、みんなで勝てた勝利だと思ってます。関東遠征が大事になってきますし、みんなで一丸となって戦っていきますので、温かい声援お願いします。

 

 

西を語る

この日の西の投球内容
6回94球 被安打7 奪三振3 四球0 失点0
今季6勝9敗 防御率3.68(10/6の試合終了時点)
粘りの投球で1ヵ月ぶりの6勝目!

 

アナ 阪神がDeNAに勝ってチーム5連勝です。西投手は1ヵ月ぶりの6勝目となりました。

 

真中 明雄さん、今日の西は粘り強い投球をしましたね。

 

斎藤 粘り強かったですね。7安打されながら無失点ですからね。やはりピンチになればなるほどボールが浮かなかったですね。

 

真中 はい。

 

斎藤 シュートを含めて低めに決まってましたから連打を食らわなかったのかなと思いますね。素晴らしいピッチングでした。

 

真中 4回裏のノーアウト2塁3塁でも粘りのピッチングをしてました。これでちょっと久しぶりに勝って流れが変わるといいですね。

 

アナ そして今日はこの西投手をバックの守りが助けてましたね。

 

真中 西投手も「守備に助けられた」とコメントしてましたしね。ガンちゃん、今日はスゴくバックが盛りたててましたよね。

 

岩本 そうですね。ピッチャーはこういう守備をしてもらうと意気に感じて一層燃えてくると言いますかね。

 

真中 はい。

 

岩本 普段から燃えてマウンドに上がるんですけど、バックの好守備は本当に背中を押してもらえる。

 

真中 本当に素晴らしいプレーが続きましたね。

 

 

以上です。

これで復活すればいいんですけどね。
おすすめの記事