2021年10月6日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.埼玉西武ライオンズ戦で4勝目を飾った千葉ロッテマリーンズの河村説人について、そして復帰後初アーチとなる26号を放ったマーティンについて元日ハムの岩本勉、元横浜の斎藤明雄、ヤクルトで監督をしていた真中満がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



河村のヒーローインタビューの一部

河村 ランナーを出すことが多くて、スゴく苦しいピッチングにはなったんですけど、要所要所で守備の方々がいいプレーをしていただいたので、何とか投げきることができました。あと20試合ないぐらいですけど、苦しい戦いが続くと思うので、皆さんの声援がスゴく力のなるので、これからも応援よろしくお願いします。

 

 

河村を語る

この日の河村の投球内容
6回78球 被安打4 奪三振2 四球3 失点2
今季4勝0敗 防御率3.68(10/6の試合終了時点)
先発転向で4勝4敗!

 

アナ ロッテが西武に勝利しました。河村投手は無傷の4連勝ということでね。

 

真中 先発に転向して4連勝ということでね。

 

アナ はい。

 

真中 明雄さん、河村は非常に安定した投球にが続いていると思うんですけど。

 

斎藤 そうですね。先発に転向してからはボールが暴れなくなりましたよね。

 

真中 うーん。

 

斎藤 自分のボールをしっかりと操れているピッチングをしてますよね。あと上背があって角度があるからバッターも見下ろされてる感じでそう簡単に打てない、打ちづらいんじゃないかなという感じですよね。

 

真中 そうですね。今日は最長の6イニングを投げましたからね。

 

斎藤 6回で78球で来てるんでいいペースで投げてるように思いますよね。

 

真中 はい。

 

斎藤 こういうピッチングをしていけば勝っていけるんじゃないかなと思いますよね。普通に完投もできると思いますよ。

 

真中 後ろのピッチャーがいいから早めの交代だと思うんですけど、もうちょっと長いイニングを今後も期待したいですよね。

 

ここからマーティンについて

 

この日のマーティンの打撃内容
1打席目 右中間ホームラン(打点1)
2打席目 サードフライ
3打席目 レフト前ヒット
シーズン打率.252
復帰後初アーチ!

 

アナ そして打っては前日から復帰したマーティン選手。まだ完治していない中でホームランを打ちました。

 

真中 そうなんですよね。ガンちゃん、マーティンは骨折が判明して2週間ぐらいで復帰してゲームに出てるんですけど、本人は治ってないと言っているんですけど、試合に出てるんですよね。

 

岩本 ですよね。いくら道具を身に付けたりしても不安は拭えないと思うんですよ。

 

真中 はい。

 

岩本 どんな治療をして、どんな物を食べて、そしてどんなサプリメントを摂ったのか聞きたいことが山ほどありますね。

 

真中 ねぇ。こういうのはなかなかできないと思うんですけどね。まあ折れた箇所にもよると思うんですけどね。

 

岩本 地面に近い下半身はなかなか回復が遅れたりするじゃないですか。

 

真中 そうですよね。

 

岩本 そこでこんなに結果を出すんですから、ロッテの勢いは凄まじいですね。

 

真中 そうですね。まあ踏み込む足ですから、かなり負担はあると思うんですけどね。

 

アナ チームのためにファンのためにということなんでしょうね。

 

真中 そうですね。

 

 

以上です。

活躍してます。
おすすめの記事