2021年9月12日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.横浜DeNAベイスターズ戦でも勝ちパターン以外の中継ぎの弱さが露呈した阪神タイガースについて元日ハムの岩本勉、元横浜の斎藤明雄、ヤクルトで監督をしていた真中満がフジアナウンサーの海老原優香と共に語っています。

 



アナ 阪神がDeNAに3本のホームランを浴び大敗です。真中さん、気になったポイントをお願いします。

 

真中 今日のゲームに限った事ではないんですけど、タイガースの中継ぎ陣ですよね。今日みたいに先発のガンケルが早めに捕まった時に、勝ちパターン以外の終盤を投げるピッチャーですよね。

 

 

岩本 はい。

 

真中 そのピッチャーが途中でゲームを壊してしまう事がここのところちょっと多いので、ここから首位を堅持して優勝を目指すには中継ぎ陣の誰かが頑張らないと勝ちゲームを拾える試合が減ってきてしまうと思うんですよね。

 

岩本 そうですよね。明雄さん、今シーズンは9回で打ち切りじゃないですか。

 

斎藤 はい。

 

岩本 そうでなくても継投が早いセ・リーグで、もっともっと継投で勝ち進んでいくというゲームが増えると思うんですよ。

 

斎藤 そうですね。

 

岩本 リリーフが芳しくない。

 

斎藤 当然シーズン最終盤になるとローテーションは中4日で入るようになってくると思いますけど、反対に中継ぎ陣がしっかりしないといけないと思うんですよね。

 

岩本 はい。

 

斎藤 今日7回表を投げた馬場なんかは回跨ぎもいけるピッチャーなので、こんなピッチングをしていたら、これからしんどいかなあという感じがしますけどね。

 

この日の馬場
四球⇒四球⇒3ランホームラン
その後は3人でキッチリ抑える・・・

 

岩本 「疲れがある」と言ったりしますけど、これから一層疲れますからね。

 

斎藤 もう疲れという言葉は消していかないといけないと思います。

 

岩本 そうですね。

 

 

以上です。

馬場のピッチングは問題外でしたね。
おすすめの記事