2021年9月12日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.東京ヤクルトスワローズ戦で7回裏に同点ホームランを放った中日ドラゴンズの福留孝介について元日ハムの岩本勉、元横浜の斎藤明雄、ヤクルトで監督をしていた真中満がフジアナウンサーの海老原優香と共に語っています。

 



この日の福留の打撃内容
1打席目 ファーストゴロ
2打席目 フォアボール
3打席目 セカンドゴロ
4打席目 右中間ホームラン(打点2)
5打席目 併殺打
今季 打率.233 本塁打3 打点13(9/12の試合終了時点)
勝負強さ光る同点弾!

 

アナ 中日がヤクルトに逆転勝利で、後半戦初の3連勝です。

 

岩本 そこでスゴく目を引いたのは球界最年長の福留孝介選手。同点ホームラン。

 

アナ はい。

 

岩本 真中さん、このおっちゃんまだまだ元気ですね!

 

真中 はい(笑) でもね、今日のこの当たりは全盛期を彷彿とさせるような当たりですよね。

 

岩本 そうですよね。

 

真中 センターのあの深いところまでね。アベレージはそれほど高くはないですけど、やっぱり存在はありますよね。

 

岩本 えぇ。ここ一番でバッターボックスにいたら相手はイヤですよね。

 

真中 何か、ああいう場面だと気持ち悪いんですよね。

 

岩本 明雄さん、1球目から神経を使いますよね。

 

斎藤 当然使います。

 

岩本 はい(笑)

 

斎藤 一番大事なのはストレートの使い方です。打ったのもストレートですよね。やはりホームランの場面を見ると、打ってくださいという風にも見える球でしたよね。

 

岩本 よくベテランには「追い込んだらストレートいけ!」と言うんですけどね。

 

斎藤 そう言うんですけど、やはりコースもしっかりと考えないといけないですよね。

 

岩本 そうですよね。

 

 

以上です。

相変わらずここ一番で凄い事をする。
おすすめの記事