201942日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.広島カープ戦で8回からの采配に冴えていた中日ドラゴンズの与田剛監督の采配について横浜で監督をしていた大矢明彦、元横浜の野村弘樹がフリーアナウンサーの堤友香と共に語っています。

 



アナ 中日は終盤の攻防を制して逆転勝ち。ホーム開幕戦を白星で飾りました。

 

野村 そうですね。8回のピンチに2番手のロドリゲスから祖父江にピッチャー交代。そこで広島の4番の鈴木誠也を仕留める。それで裏の攻撃は先頭のビシエドが出ると代走に遠藤。そこでフィルダースチョイスに繋げる。大矢さん、この辺の与田監督の采配どうですかね?

 

大矢 与田監督は今シーズンから監督ですよね。

 

野村 はい。

 

大矢 ピッチャーの代え時。それから代打のタイミングって最初はけっこう色々考えるんですよね。

 

野村 はい。

 

大矢 それを迷わず自分がこうだと思った選手をどんどん使っていって、それが得点に結び付いたり、ピンチを食い止めたりできたんですよね。

 

野村 うんうん。

 

大矢 これチームの粘り勝ちも非常に大きいんですけど、そういう采配が当たったのは監督にとっても大きいんですよね。

 

野村 監督冥利に尽きるというか。

 

大矢 自分の思ってたことをやっていけばいいなとこれで自信に繋がっていくんで大きいですね。

 

野村 まあその采配に選手もしっかり応えたという意味では、もつれた試合でしたけど、勝ち方としては非常にいい勝ち方ができた試合でしたね。

 

アナ 大きな1勝でしたね。

 

 

以上です。

与田監督も自信になった試合でしょう。
おすすめの記事