2020年10月26日にスカイAで放送された「プロ野球ドラフト会議2019」で読売ジャイアンツのドラフトを専門家である野球ライターの小関順二と西尾典文がABCアナウンサーの小縣裕介と共に解説しています。

 



所属ポジサイズ寸評
1位平内龍太亜細亜大投手186/87パワー系投手
2位山崎伊織東海大投手181/72TJ手術明け
3位中山礼都中京大中京内野181/80大型内野手
4位伊藤優輔三菱パワー投手179/78パワーP
5位秋広優人二松学舎内野200/100高身長右腕
6位山本一輝中京大投手180/81左腕
7位萩原哲創価大捕手174/87打てる捕手

(本指名のみ掲載)

 

アナ 支配下で7名、育成で12名を指名しました。小関さんはジャイアンツのドラフトについてはいかがですか?

 

小関 僕は2位の山崎伊織選手に注目しているんです。

 

アナ 東海大学ですね。

 

小関 はい。トミー・ジョン手術をして、再来年に戦列に加わると。手術前の彼はしなやかさがあり、グンっとひと伸びする球筋と、コントロールも良くて、フォームも良くてね。2位で即戦力になるパターンというのはそんなに多くないんですよ。

 

アナ はい。

 

小関 それを考えても2年後に戦力として計算するとしたら、十分おかしくない指名だと思いますね。

 

アナ なるほど。西尾さんはいかがですか?

 

西尾 やっぱりジャイアンツはピッチャーの方が大事だろうと思っていたので、1位2位4位、そして6位も含めてけっこう特徴のあるピッチャーを獲得したなと思いましたね。

 

アナ 佐藤の競合は外しましたが、そこから一気にピッチャー指名にシフトしていったと。

 

西尾 はい。

 

他球団の評価はこちら

 

以上です。

佐藤は原監督の時にはクジがなかった。投手優先で正解でしょう。
おすすめの記事