2020年10月26日にスカイAで放送された「プロ野球ドラフト会議2019」で横浜DeNAベイスターズのドラフトを専門家である野球ライターの小関順二と西尾典文がABCアナウンサーの小縣裕介と共に解説しています。

 



所属ポジサイズ寸評
1位入江大生明治大投手187/84高レベル右腕
2位牧秀吾中央大内野178/81強打の内野手
3位松本隆之介横浜高投手187/77角度のある左腕
4位小深田大地履正社内野176/87アベレージ系
5位池谷蒼大ヤマハ投手174/77左腕
6位高田琢登静岡商高投手177/77左腕

(本指名のみ掲載)

 

アナ そして横浜DeNAがやっぱり単独指名で、入江大生で始まった今年のドラフトでした。小関さんはどう見ますか?

 

小関 2位の牧がいいなと思ってね。やっぱり打線でやや決定的な力のない選手が並んでる感じがしますので。

 

アナ はい。

 

小関 そこに牧は力がありますので。内野手ですしね。

 

アナ 河原スカウトの一口コメントです。「懐が深く広角に鋭い打球を放つ強打者。大学侍ジャパンの4番を務める勝負強い打撃力は秀逸」ということで。西尾さん、大学ジャパンの4番でいうと吉田正尚であり、大山悠輔であり、一定の数字を残してます。

 

西尾 はい。去年の高校ジャパンと大学ジャパンと試合があった時に、今タイガースの西純矢投手からホームランを打ってまして、見事な当たりでしたよね。

 

アナ はい。

 

西尾 あとは小深田選手ですよね。強打者タイプで、どちらかと言うとリードオフマンタイプではなく、パンチがある左右のバッターを獲得できたのは良かったですね。

 

アナ えぇ。

 

西尾 あとは左ピッチャーを相変わらず揃えてきたなというのは何かDeNAらしいというところですよね。

 

アナ DeNAらしい戦略と感じた左ピッチャーの指名でした。

 

他球団の評価はこちら

 

以上です。

DeNAは相変わらず上手くやってる感じがありますね。
おすすめの記事