2020626日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.阪神タイガース戦で2戦連発のホームランを放った横浜DeNAベイスターズのオースティンについて元中日の谷沢健一、元横浜の野村弘樹、元中日の立浪和義がフリーアナウンサーの柴田阿弥と共に語っています。

 



この日のオースティンの打撃内容
1打席目 ピッチャーゴロ
2打席目 空振り三振
3打席目 ピッチャーゴロ
4打席目 センターホームラン(打点2)
シーズン打率.389(6/26の試合終了時点)
2戦連発!

 

アナ 先発の今永投手が8イニングを無失点に抑えてDeNA5連勝。今永投手を援護したのが打撃で注目のオースティン選手。2試合連続のホームランとなりましたね。

 

野村 立浪さん、オースティンが打ってますね。

 

立浪 やっぱりまずこの選手はボールを追い掛けないですよね。ステップがスゴく小さいんですよ。

 

野村 はい。

 

立浪 そしてバットが体に巻き付いてパワーがありますよね。どこの方向にも長打が打てますよね。まあ、今日はホームランを打つまでは内容が悪かったんですよね。

 

野村 そうでしたね。

 

立浪 ちょっと下から上に振り上げるような感じだったんですけど、最後に決めてくれましたよね。

 

野村 うんうん。谷沢さん、オースティンのバッティングはいかがですか?

 

谷沢 ラミレス監督が付きっきりでチェックしてるバッターなんですよね。

 

野村 はい。

 

谷沢 それで引っ張る時にどうしてもバットの抜けがあまり良くないんですよね。

 

野村 ほー。

 

谷沢 今日みたいにセンター方向に打った時には押し込んでいけるんだけどね。一つ弱点としてはインサイドのボールかな。

 

野村 なるほど。

 

 

以上です。

ホームランキングの有力候補だな。
おすすめの記事