2020626日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.広島カープ戦に敗れて4連敗となった中日ドラゴンズ。その中でなかなか得点できないドラゴンズ打線について元中日の谷沢健一、元横浜の野村弘樹、元中日の立浪和義がフリーアナウンサーの柴田阿弥と共に語っています。

 



アナ 中日は広島に敗れて4連敗となりました。

 

野村 谷沢さん、中日の打線についてどうでしよう?

 

谷沢 打線()

 

野村 はい。

 

谷沢 シーズン7試合やってまだ開幕して間もないんだけどもね、1番の大島はいいとして2番がコロコロ変わるんだよね。

 

野村 はい。

 

谷沢 立浪さん、平田はどっか悪いの?

 

立浪 いや、体の状態は悪くないと思うんですけど、 開幕でちょっと躓いてバッティングのタイミングが合ってないですね。今はタイミングが取れてない状態ですよね。

 

谷沢 うんうん。

 

立浪 ただ、試合に出ていれば必ずやってくれる選手だと思いますから、早く2番あたりに帰ってきてですね、クリナップの前にランナーをもっと貯めていかないとなかなかね。ヒットは出るんですけど、どうしても得点が少ないですからね。

 

谷沢 うーん。今はたまたま打ってないだけで、体調が良ければ、平田をずっと使ってる方がいいと思うんだよね。

 

立浪 そうですね。そう思います。

 

谷沢 ちょっと監督が動きすぎる嫌いがあるね。

 

野村 チーム全体としては、ヒットは出てますよね。

 

谷沢 いいところでタイムリーとかが出ないから。

 

野村 だからドラゴンズはここであと1本ってところでヒットが出なくて苦しんでるイメージですよね。

 

谷沢 はい。だからその辺でドシっと監督が打線を構えてね、目の前の勝ち星ばかりを優先しないでね。もっとゆったりと構えてゲーム運びをすればといいと思うけどね。

 

 

以上です。

開幕直後に打線改造すると、開幕前の構想は何だったの?ってなりますよね。
おすすめの記事