2021年9月24日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日の読売ジャイアンツvs.阪神タイガース戦の9回裏の攻防について元中日の谷沢健一、元横浜の野村弘樹、中日で監督をしていた谷繫元信がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



稲村 9回裏、巨人サヨナラのチャンスで中野選手のスーパープレーがありましたね。

 

 

野村 谷沢さん、中野のこのプレー凄かったですね。

 

谷沢 いやねぇ、凄かった。飛び込んで好捕して、起き上がってそのまま不安定な体勢からサイドスローでホームに投げて、そしてキャッチャーの坂本も横に逸れる難しい送球をよく捕ったよね。

 

野村 そうですよね。谷繁さん、ここ中野も凄いけど坂本もですよね。

 

谷繁 坂本もよく捕ったと思いますよ。難しいバウンドの送球ですから。

 

野村 ハーフバウンドですからね。

 

谷繁 足もホームベースから離してはダメですからね。これは中野と坂本のナイスプレーですよ。

 

野村 2人のファインプレーが重なって1点防いだ感じですよね。

 

谷沢 これは巨人のサードランナーが増田だったんだけど、このスタートについては谷繁さんはどう見た?

 

谷繁 やっぱり1アウトでしたから、そこまでギャンブルは出来ないと思うんですよね。だからワンバウンド着いたあたりでスタートしてると思うんで、あのタイミングはしょうがないと思いますね。

 

谷沢 うんうん。増田だったらもう少しギャンブルスタート出来るかなと思ったんだけど。

 

谷繁 あそこでギャンブルスタートはなかなかベンチはサインを出せないと思うんですよね。

 

谷沢 なるほど。

 

野村 タイガースの守りの執念が出ましたよね。

 

 

以上です。

紙一重のプレーが詰まっていた。
おすすめの記事