2018年7月31日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.横浜DeNAベイスターズ戦で大活躍した読売ジャイアンツの新1,2番コンビ、1番の重信慎之助と2番の吉川尚輝について元横浜の高木豊、元中日阪神の田尾安志、ヤクルトで監督をしていた真中満がフリーアナウンサーの堤友香と共に語っています。

 



【この日の1番重信の打撃内容】

1打席目 センター前ヒット

2打席目 センター前ヒット (打点1)

3打席目 ファーストゴロ

4打席目 センターフライ

5打席目 ライト前ヒット (打点1)

 

【この日の2番吉川の打撃内容】

1打席目 レフト2塁打 (打点1)

2打席目 ライトホームラン (打点3)

3打席目 ピッチャーゴロ

4打席目 セカンドライナー

5打席目 セカンド内野安打

 

 

アナ 巨人は重信選手と吉川選手の新1,2番コンビで活躍しています。

 

高木 はい。全部で6得点を2人で叩き出すというね。

 

アナ そうです。

 

高木 真中さん、この1,2番コンビが確立されると相当イヤな1,2番になりますよね。

 

真中 なりますよねぇ。今日は吉川にホームランがありましたけども、2人とも足がべらぼうに速いですから、この2人をランナーに出すとバッテリーにとっては本当に厄介ですからね。

 

高木 うーん。

 

真中 そういった意味では2人が出塁することによって打線の厚みが出てくると思いますね。

 

高木 そうですね。まあ、吉川はタイミングを早く取ることによって、バッティングが変わってきたんですけど。

 

真中 はい。

 

高木 田尾さん、重信はどこが良くなりました?

 

田尾 いやぁ、そんなに今日はよく見てなかったんです。

 

高木 ハハハ(笑)

 

田尾 だから、ちょっとハッキリ分からないんですけど。

 

高木 はい(笑)

 

田尾 今日見ていて、やっぱりこの2人が上手くハマれば今までのジャイアンツと全くイメージが違う。

 

高木 はい。

 

田尾 それで、吉川の守備範囲の広さは前から凄いと思いながら見ていたので、それで試合に出続けることに慣れてくるとこれだけ打てるというのはちょっと楽しみになってきましたね。

 

高木 うん。真中さん、これで重信がセンターに入って、吉川と坂本の二遊間、あとはキャッチャーでセンターラインが固まってくるとね。

 

真中 そうですね。今は坂本がいないですからね。この2人が1,2番として引っ張るといいチームになりますよね。

 

高木 はい。まあ、楽しみな1,2番コンビですよ。あとは重信を左ピッチャーでも使ってほしいと思います。

 

アナ そうですね。

 

 

以上です。

吉川は前半戦からしっかりとキャリアを積んでいますからそろそろ目途が立ちそうですけど、重信はまだ信じ過ぎない方がいいでしょう。

おすすめの記事