2018年7月31日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.東京ヤクルトスワローズ戦で見事な勝利をあげた広島カープ。解説者の3人が広島の独走態勢に入った感じで色々と語っています。元横浜の高木豊、元中日阪神の田尾安志、ヤクルトで監督をしていた真中満がフリーアナウンサーの堤友香と共に語っています。

 



アナ セ・リーグの1位と2位の対決でしたけれども、カープが勝って、これで9.5ゲーム差となりました。

 

高木 はい。まあ、ヤクルトも見せ場を作りました。

 

アナ うん。

 

高木 先発でもライアン小川を立てて、いい勝負しているなと思ったけど、結局はカープに逃げ切られた形になりましたけども。

 

アナ そうですねぇ。

 

高木 やっぱり、広島の強さが見えたのが畳み掛けるような攻撃ですね。

 

アナ はい。

 

高木 田尾さん、これはシフトチェンジと言ったら変ですけども、もう追い掛けられないような、カープにはそんな強さがありますよね。

 

田尾 そうですね。カープには役者が多いなあというね。

 

高木 うーん。

 

田尾 普通は脇役が何人かいて、主役のクリンナップがバチっといくというのが普通なんですが。

 

高木 はい。

 

田尾 カープの場合はもうどこからでも何か点が取れるというね。

 

高木 そうですねぇ。

 

田尾 そういう強みがありますよね。

 

高木 うーん。真中さん、これはもうヤクルトはカープを追い掛けるよりも、下に絶対に負けないようなローテーションを組んだ方が良くないですか?

 

真中 うーん。まあ、結果的にそれを考えた方が良くなるかもしれませんけど、それをするとちょっと面白くないので。

 

高木 まあ、そうなんだけど。

 

真中 やっぱり、首位を叩くローテーションを組んでほしいと思いますけど。

 

高木 うーん。

 

真中 ただ、今のカープには死角がないですよね。

 

高木 でも、ルール的には下位球団はクライマックスシリーズで勝てばいいわけでしょ。

 

真中 でも、まずは優勝を狙いましょうよ。

 

田尾 フフ(笑)

 

真中 決まるまでは。

 

高木 首位を狙える?

 

真中 決まるまでは狙いましょう。

 

高木 そうですか(笑)

 

真中 最後まで狙いましょうよ。

 

 

以上です。

下位には5球団がいますけど、ほとんどの球団がトラウマを植え付けられるような負け方をしているんで、かなり苦手意識がありますよね。とにかく打線の隙がなくて打ちまくるイメージですね。

おすすめの記事