201962日にNHK総合で放送された『サンデースポーツ2020』で達川光男が2019年シーズン、セ・リーグとパ・リーグについて、そしてイチオシの選手についてNHKアナウンサーの大越健介と共に語っています。

 



セ・リーグについて

順位(6/2時点)ゲーム差
1位広島
2位阪神4
3位巨人0.5
4位DeNA5
5位中日0
6位ヤクルト2

 

大越 まずはセ・リーグからお聞きします。現状では広島が抜けてますが、どうですか?予想の範囲内ですか?

 

達川 こりゃもう想定内ですね。どの解説者が見ても広島はダントツに強いということでね。

 

大越 はい。

 

達川 シーズン最初の4月の調子は悪かったんですけどね。今は平常心でプレーしていますよね。

 

大越 なるほど。

 

 

セ・リーグイチオシの選手

大越 その達川さんがセ・リーグでイチオシの選手というのが阪神の近本選手だと。

 

達川 そうですね。坂本と言いたかったんですけどね() だけど、この近本は新人ながら打つ方もいいんですけど、盗塁ですね。(6/2時点で15盗塁)

 

大越 足ですね。

 

達川 スチールの条件として『3S』というのがあるんですけど。

 

大越 はい。

 

達川 スタート、スピード、スライディング。どれを取っても一級品ですね。

 

大越 ほー。

 

達川 それと思い切りが非常にいいですね。

 

大越 なるほど。

 

達川 久しぶりに気持ちのいい選手を見ましたね。

 

大越 社会人出身ですけど、ルーキーでここまでやれるというのはなかなかいませんよね。

 

達川 まあ源田とか、京田とかがルーキーでもやってますからね。近本もこれぐらいやると思ってましたけどね。

 

大越 うんうん。

 

達川 木浪がもう少しやるんじゃないかなと思ってまして、もう少ししたら木浪もやるんじゃないかと思いますよ。

 

大越 なるほど。

 

 

パ・リーグについて

順位(6/2時点)ゲーム差
1位楽天
2位日ハム1.5
3位SB0.5
4位西武0.5
5位ロッテ1
6位オリックス5

 

大越 パ・リーグは楽天が面白くしてますね。

 

達川 いやぁ、楽天は今強いですよ。則本がいなくて岸が出遅れたにも関わらず、やっぱり浅村が入ったということで打線の軸がしっかりしてるし、周りの選手もしぶといです。

 

大越 しぶとい。

 

 

パ・リーグの注目選手

大越 さあ、パ・リーグで達川さんが注目している選手が西武の山川選手ということで。

 

達川 山川ですね。山川穂高は素晴らしいですね。ホームランを狙ってホームランを打つ。

 

大越 今日(6/2)も打って23号ホームラン。

 

達川 スイングが強いし、タイミングを取るのが非常に上手いですよね。

 

大越 うーん。

 

達川 軸足をライン一杯に立ってインコースだろうが、アウトコースだろうが対応できてますよね。

 

大越 パワーだけではないということですよね。

 

達川 読み非常にいいですよ。

 

大越 うんうん。

 

達川 とぼけた事も言うんですけど、結構しっかりとした読みをしてますよ。

 

大越 プロ野球記録がバレンティン選手の60本なんですけど、超える可能性はありますか?

 

達川 いくと思いますよ。

 

大越 ほー。

 

達川 怪我さえなかったらいくと思います。やっぱりモノか違います。

 

大越 取材では去年のシーズン終了後には来季は50本打つと語っていました。

 

達川 まあ有言実行タイプですよ。沖縄が生んだ戦後最大のスターですよ。

 

大越 ほー()

 

達川 バッターのね。ピッチャーは安仁屋さんですからね。そう言っとかないと怒られますからね()

 

大越 なるほど()

 

 

イチオシのピッチャー

大越 パ・リーグの注目選手で山川選手を挙げられましたが、その山川選手を抑えられるセ・リーグの投手はズバリどなたなんでしょうか?

 

達川 私が今キャッチャーでしたらDeNAの今永が欲しいです。

 

大越 なるほど。

 

達川 今永のストレート、チェンジアップ、スライダー、度胸。どれを取っても山川を抑えるには今永しかいないかなと。

 

大越 左投手で150キロを投げるとなるとなかなか打てませんよね。

 

達川 そうですね。鈴木誠也にもどんどんインサイドに投げ込みますからね。

 

大越 気持ちいいぐらいですね。そしてチェンジアップ。

 

達川 チェンジアップも一級品ですね。

 

 

ここでストレートとチェンジアップを投げる様子を重ねた映像が映し出される

 

達川 これ編集マンが作ってくれたんですが、これ見てください。チェンジアップとストレートを重ね合わせてるんですけどね。同じ腕の高さ、しかも同じ腕の振り。こんなピッチャーはね、長くやりましたけど、僕が受けた中では初めてですね。まあ、大野とか川口とか左投手を何人か受けましたけどね。

 

大越 はい。

 

達川 やっぱり変化球のときはちょっと分かるんですが、今の今永は全く分からないです。

 

大越 ほー。

 

達川 今の今永はストレート、チェンジアップ、スライダー、全部が同じフォーム。

 

大越 しかも、今永投手にとってこれからの交流戦で強力な女房役がいますよね。

 

達川 そうなんですよ。伊藤光ですね。彼の存在は大きいと思いますよ。パ・リーグを知り尽くしてるんで、やっぱり長所や短所を知ってますから、彼の力も今永にとっては相当大きいと思いますよ。

 

大越 はい。

 

達川 そういう意味では山川と今永の対戦は今年の交流戦の見所じゃないですか。柳田と言いたいところですけど、今はプールでリハビリしてますからね()

 

大越 交流戦には間に合わない?

 

達川 はい。

 

 

以上です。

近本、山川、今永が注目。
おすすめの記事