2021年4月16日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.福岡ソフトバンクホークス戦で先発登板し開幕3連勝を飾った埼玉西武ライオンズの高橋光成のピッチングについて元横浜の野村弘樹、ヤクルトで監督をしていた真中満、横浜で監督をしていた大矢明彦がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



高橋のヒーローインタビューの一部

高橋 ピッチャーで勝つ試合を増やしたいという事で、バッテリーでそれができて良かったです。

 

 

高橋を語る

この日の高橋の投球内容
7回107球 被安打3 奪三振3 四球3 失点1
今季3勝0敗 防御率3.18(4/16の試合終了時点)
開幕3連勝!

 

稲村 西武がソフトバンクに勝利し、このカード負けなしの4連勝。そして高橋光成投手は開幕3連勝です。大矢さん、高橋投手のピッチングはいかがでしたか?

 

大矢 とにかく逃げないピッチングでした。主軸であっても思い切ってインコースに投げ込んでいく。これはキャッチャーの森のリードもあったと思うんですけど、まずテンポが良かったのが一番でしたね。

 

稲村 サクサク投げ込んでましたね。

 

大矢 そうですね。バッターはこういう風に攻められると、「何が来るんだろう・・・」という考える暇もなく攻め込まれてるように感じるんですよね。いつも押し気味で相手バッターに立ち向かってましたね。

 

野村 ということは確かに高橋のピッチングも良かったんですけど、森のリードも良かったという事ですかね。

 

大矢 強気で投げさせるという事を終始徹底してやってたと思いますね。

 

野村 なるほど。強打者の柳田に対してもインコースですよね。

 

大矢 そうですね。今日はいつでも追い込んだらインサイドっていうのが結構あったんだけど、特に左バッターのインサイドにどんどん突っ込んでいったのがスゴく目立ちましたね。

 

野村 うんうん。真中さん、バッターとしてはこの様にインコースを攻められるという意識付けは大きいですよね。

 

真中 そうですね。やっぱり高橋光成の状態が非常にいいですから、森も思い切ってインコースに要求できますよね。そしてまさにそこに応えてるという高橋光成のピッチング。今年は開幕投手も務めて非常にいい内容のピッチングを続けてますよね。

 

 

以上です。

エースの投球でした。
おすすめの記事