2020年11月4日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.東京ヤクルトスワローズ戦でサヨナラ27号ホームランを放った阪神タイガースの大山悠輔について元中日の谷沢健一とヤクルトで監督をしていた真中満がフリーアナウンサーの黒澤詩音と共に語っています。

 



大山のヒーローインタビューの一部

大山 試合を決めることが自分の仕事だと思ってるので、決めることができて本当に良かったです。残り試合も少ないので最後まで全力で戦いたいと思います。

 

 

大山を語る

アナ 大山選手のホームランでヤクルトにサヨナラ勝ちでした。

 

真中 見事でしたねぇ。谷沢さん、タイトル争いでホームラン王と打点王を岡本と争っています。

 

本塁打ランキング
1位 岡本 29
2位 丸  27
2位 大山 27
打点ランキング
1位 岡本 90
2位 村上 83
2位 大山 83

 

谷沢 今年は120試合制ですからね。そういう意味ではこういう僅差の争いは予想されてましたけど、ここまで緊迫してるタイトル争いは近年にはないよね。

 

真中 そうですよね。これ打点は7差もあるし、ここは厳しいですかね。

 

谷沢 そうだね。特に大山はシーズン当初は控えになったりしてたしね。

 

真中 はいはい。

 

谷沢 そこからよく持ち直したよね。

 

真中 開幕当初はスタメン外れたりしてましたからね。

 

谷沢 そうそう。

 

真中 そこから巻き返した大山選手がどこまでいけるかですね。

 

アナ そうですね。残り4試合、注目です。

 

 

以上です。

固めホームランがあれば何とかなるかなというぐらい。
おすすめの記事