2018年7月31日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.福岡ソフトバンクホークス戦で7得点で打線が再び活性化している埼玉西武ライオンズについて元横浜の高木豊、元中日阪神の田尾安志、ヤクルトで監督をしていた真中満がフリーアナウンサーの堤友香と共に語っています。後半に新加入のマーティンについても語っています。

 



アナ 西武が6連勝ということで、今日は5本のホームランが出ました。

 

高木 千賀が1試合に5本もホームランを打たれるというのは僕は初めて見ました。

 

アナ なかなかないですよねぇ。

 

高木 田尾さん、その中でメヒアと中村です。

 

田尾 8番9番(笑)

 

高木 これは強烈ですねぇ。

 

田尾 いやぁ、強烈です。やっぱり、ちょっと高めにいったら放り込みますからね。

 

高木 本当いそうですよねぇ。

 

田尾 それで、みんなの調子が良くなっていますね。

 

高木 そうですね。真中さん、千賀ってフォークがあるじゃないですか。

 

真中 はい。

 

高木 それで、今日打たれたメヒアと中村のホームランは右方向に打っているんですよね。だから、千賀のフォークも意識して打っているのかなという。

 

真中 そうですね。ストレート一本待ちでいくと、どうしてもフォークを引っ掛ける形になると思うので、若干センター方向を意識して、フォークを振らないような。

 

高木 うん。

 

真中 何かそんな意識付けをしているのかもしれないですね。

 

高木 ですねぇ。だから、技術も頭もクリアになって野球をやっているような感じがするんですよ。

 

アナ はい。

 

高木 だから、この打線を抑えるのは大変ですよ。

 

アナ 強力です。

 

 

【新加入のマーティンについて】

アナ そして、今日は支配下登録期限の最終登録日(7/31)だったんですけど、西武は新外国人のマーティン投手を支配下登録したということです。

 

高木 はい。田尾さん、これ・・・。

 

田尾 大きいですよね!

 

高木 大きいですねぇ。

 

田尾 渡辺久信さんがあんなに小さく見えますもんね。(※会見に同席している渡辺久信と共に映っているマーティンの映像を見ながら)

 

アナ 身長は2メートルということです。

 

高木 この投手が抑えでピシっと決まれば、西武は盤石になってこないですか?

 

田尾 やっぱり優勝狙いで、やれることはやっておこうという補強だと思いますよ。

 

高木 ですよね。真中さん、どうですか?

 

真中 まあ、ハマったらいいですよね。ちょっと後ろが苦しいですからね。まあ、マーティン選手が出てくることは西武の全員が期待していることですよね。

 

高木 でも、ハマらなかったら見切りを早くしないとちょっと怖いですよね。

 

田尾 そうそう。

 

真中 そうですね。まあ、まずは後ろで投げるかは分からないですけど、何回か段階を踏んで試していって、いけると思ったらクローザーとかそういうところを任せると思うんですけど。

 

高木 なるほどね。

 

真中 様子を見ながらですね。

 

 

以上です。

また打ち出しましたね。マーティンがバチっとハマれば優勝がハッキリと見えてきます。

おすすめの記事