2018年7月3日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs中日ドラゴンズ戦で試合はボロ負けでしたが8回から登板し2イニングを5奪三振でMAX155キロの結果を残した阪神タイガースの高卒3年目の望月惇志について元南海阪神の江本孟紀、元横浜の斉藤明雄、同じく元横浜の高木豊がフリーアナウンサーの堤友香と共に語っています。

 



【この日の望月の投球内容】

2回23球、被安打0、奪三振5、四死球0、失点0

 

 

アナ 阪神は8回から登板した3年目の望月惇志投手が2イニングを投げて5者連続三振を奪う力投を見せてくれました。

 

高木 いやぁ、明雄さん、魅力ありますよねぇ。

 

斎藤 やはり見ていると、落ち着いては投げられてはいないと思うんですけど、しっかりと軸足に乗ってからゆったりとしたフォームで踏み出すじゃないですか。

 

高木 はいはい。

 

斎藤 そして、左足が着地してから腕が振れる。だから、ボールの角度もあるし、よくスピンが利いているんじゃないかなという感じですよね。

 

高木 うーん。江本さん、どうですか、このピッチャーは。

 

江本 やっぱり、何が良いかと言えば真っ直ぐが速いです。

 

高木 そうですねぇ。

 

江本 うん。あのボールを生かさないといけないですよ。この球があれば多少のコントロールの乱れもね。

 

高木 阪神は何か良いピッチャーがドンドン出てくるじゃないですか。

 

江本 まあ、ドンドン使っているんでね。

 

高木 うん。

 

江本 でも、そこからが問題なんですけどね。

 

高木 なるほど。そうですよね(笑)

 

江本 そこからが問題なんです。

 

アナ 難しい。

 

高木 難しいですよ。そりゃもう成長するのは難しいけど、もう今日のピッチングで魅力は十分に分かりましたよ。

 

アナ そうですよねぇ。

 

高木 もう真っ直ぐでも空振りが取れて、変化球でも三振が取れるということで、力のある真っ直ぐは本当に見事だったと思います。

 

アナ はい。フレッシュオールスターにも選出されたということで頑張ってほしいと思います。

 

 

【望月のプロフィール】

望月惇志 20歳の3年目

1997年8月2日生まれ 190cm 89kg

右投右打 神奈川県出身

横浜創学館高→阪神 (2015年ドラフト4位)

 

 

以上です。

MAX155キロを出していたんでかなり期待できますね。怪我がちにならないように体の強い選手になってほしいですね。江本が心配しているのはすぐにどっかにいなくなる阪神の若手特有の現象でしょうね。

おすすめの記事