2018年9月17日に関西テレビで放送された「報道ランナー」で9月になって絶好調の阪神タイガースの大山悠輔は本当に覚醒したのかを古田敦也が分析しています。関西テレビアナウンサーの新実彰平と共に語っています。

 



9月11日~9月17日の大山の打撃成績

火曜水曜木曜金曜土曜日曜月曜
死球左飛中飛左飛遊ゴ左安左本
左本四球左3中飛遊ゴ左本遊併
捕安左本三振遊飛三振左本左2
左本右飛二安中安左安遊ゴ
左飛遊併三振中安遊飛
左本

 

アナ 古田さん、この状況はどうですか?

 

古田 いや、スゴいね。本当にスゴいと思います。だから、ちょっとフリップを先に出しますけど、これどうですか?

 

フリップ内容

『大山悠輔 2年目の覚醒か』

 

古田 大山が覚醒したかということですよ。

 

アナ そうそう。それを古田さんに聞きたいんです。成績の変化がものすごくてですね。

 

古田 うん。

 

アナ 8月までと9月以降なんですけど。

 

大山の打撃成績の変化(9月17日の試合終了時点)

開幕~8月31日打率.224 HR2 打点21
9月の成績打率.455 HR8 打点19

 

アナ 8月31日までが2割2分4厘。9月に入ってから4割5分5厘、8ホーマー。

 

古田 だって8月終わりまでは2割2分でホームラン2本でしょ。これだったら2軍に落とされても仕方ないよ。ハッキリ言ってね。これが急にこうなるってね。僕が出したフリップには『覚醒か』って書いていますよね。ちょっと保険かけてますよね。

 

アナ ハハハ(笑)

 

古田 保険をかけていますけど。

 

アナ ちょっと聞いていいですか?今回の大山選手は覚醒ですか?

 

古田 ただね、やっぱり2年目というのは覚醒してもおかしくないんですよ。

 

アナ あー。

 

古田 やっぱり、これぐらい1軍でずっと出てたら色んな1軍のピッチャーの様子も分かってくるし、相手の攻め方も分かってくるんで、覚醒する可能性は十分にあります。

 

アナ ほー。可能性がある。

 

 

古田 僕は毎回この番組に出た時に言ってます。「そろそろ誰か打つはずやで」と。

 

アナ ハハ(笑)

 

古田 「阪神の若手は打たん過ぎるで こんだけ出てて」って言ってたから。

 

アナ はい。

 

古田 まあ、去年も中谷にそんなことを言ってたんだけど、大山はきたんじゃないですか。

 

アナ でも、ここまで一気に成績が変わる選手って古田さんは過去に見たことありますか?

 

古田 いや、けっこうありあますよ。だから、こういう選手もいるんですよねぇ。(フリップを出す)

 

フリップの内容

古田敦也の1年目 打率.250 HR3 打点26

古田敦也の2年目 打率.340 HR11 打点50

古田敦也の3年目 打率.316 HR30 打点86

 

古田 まあ、自分のことなんですけど(笑) 僕の1年目は2割5分ぐらいで2年目に3割4分打ちまして首位打者を獲りましたね。

 

アナ 僕、ずっと気になってたんですよ。1年目に2割5分から2年目に何で首位打者になれたんだろうと。直接教えてもらってもいいですか?

 

古田 やっぱりね、プロのスピードとか変化球とかが1年目で試合に出てたら段々と分かってくるんです。

 

アナ ほー。

 

古田 それで2年目も大体が同じ5球団のピッチャーと当たるじゃないですか。

 

アナ はい。

 

古田 曲がり具合だったり、自分への攻め方も分かってくるんで、ヤマ張って振っていけるようになるんです。

 

アナ へぇ~。

 

古田 それで2年目に成績がグッと上がるんです。次の3年目に僕は30本ホームランを打つんですけど、3年目になったらちょっとホームランを打とうかなと思って。

 

アナ ほんまですか!?ホームラン打とうかなって?

 

古田 まあ、ちょっと打率は下がったけど。

 

アナ はい。

 

古田 まあ、打率が下がっても3割は打ってるけどね(ドヤ顔)

 

アナ ハハハ(笑)

 

古田 いや、本当の話だからしょうがない(笑) まあ、阪神の若い選手たちもそろそろグンっと上がってもおかしくないし、さすがに9月の成績の4割5分とかホームラン8本は出来過ぎかもしれないですけど、ある程度のことを掴んだと思いますよ。

 

アナ じゃあ、ある程度の好調はキープできそうなんですか?

 

古田 僕はけっこう出来るんじゃないかと思いますけどね。

 

 

以上です。

お墨付きまではいきませんけど、何かを掴んだ可能性があると言っています。それにしても古田の打撃の伸びはえげつないです。

おすすめの記事