2019年2月2日に日テレG+で放送された『巨人春季キャンプ中継』で読売ジャイアンツの岡本和真についてヘッドコーチをしていた村田真一が番組MCの阿出川浩之と共に語っています。

 



阿出川 2018年に岡本和真がスゴい成長したと思ううのですが、村田さんからはどういう風に映ってますか?

 

村田 そら3割30本ですからね(笑)

 

阿出川 ハハ(笑)

 

村田 スゴいに尽きると思いますね。今年は更にバッテリーが研究してくるでしょうしね。やっぱり続けることは難しいことなので。今年も3割30本やってくれると思いますけどね。

 

阿出川 それぐらいの実力は兼ね備えていると。

 

村田 あると思います。

 

阿出川 昨年まで、その前までだと、プロ3年でホームラン1本しか打ったことがなかった選手がこれだけの成績を残すというのは村田さんから見て何か変化を感じる瞬間はあったんですか?

 

村田 ・・・(数秒無言) どうやろ(笑) でも、やっぱり自信に満ちてましたよね。

 

阿出川 そうですか。

 

村田 はい。高橋監督も「使う!」と言ったましたし「我慢する!」とも言ってましたしね。その期待に応えた岡本くんがスゴいんですけどね。

 

阿出川 我慢をしながら使い続けたというと、32打席ノーヒットというのがありました。なかなかジャイアンツの4番として成績が出ないという重圧もあったと思いますが、そこでも使い続けたというのは岡本を育てるという部分も。

 

村田 それは監督にはあったと思いますけどね。

 

阿出川 そこで進化をして、若い選手が何かきっかけを掴むとここまで伸びるのかというのを昨年見させてもらったのですが。

 

村田 そうですね。でも、岡本選手に限っては期待以上でしたね。僕の中では2割7分か8分ぐらい打ってくれてホームラン20本ぐらい打ってくれたら嬉しいなと話をしてたんですけどね。まあ、それを超えてくれたんですけどね。

 

阿出川 そうですね(笑) それを飛び越えていくぐらいでした。

 

村田 はい。

 

阿出川 そして今シーズンからはサードの守備にも挑戦しています。昨年のキャンプでもそうでしたけどレフトをやったり、ファーストやサードもしていましたが、岡本選手の守備面はどうですか?

 

村田 守備は上手だと思いますよ。

 

阿出川 そうですか。

 

村田 はい。こう見えて意外と器用ですからね。

 

阿出川 体格は大きいですけど、小回りが利くような。

 

村田 肩も強いですしね。

 

阿出川 そうなると今年は4番サード岡本和真も見れるんじゃないかと。

 

村田 昨年以上の成績を期待したいですね。

 

 

以上です。

由伸政権の最大の功績です。

おすすめの記事