2019年1月4日にBS朝日で放送された『スポーツクロス』で野村克也と古田敦也が対談。野村監督の選手との接し方について語っています。テレビ朝日アナウンサーの徳永有美に説明し語り掛ける部分も多々あります。

 



古田 普段の監督は理路整然とお話されるんですけど、試合中は感情直情型ですからね(笑)

 

アナ そうなんですか。

 

古田 思い切り怒られますからね。

 

アナ えぇ!

 

古田 ベンチも蹴るし。「お前、何考えてるねん!」とめちゃくちゃ怒りますからね。当時だと3番池山、4番広沢なんですよね。

 

アナ はい。

 

古田 その二人には直接的にあまり言わないんですよ。大体怒られるのが僕ばっかりで。

 

野村 ハッハッハ(笑)

 

古田 僕とか1番2番が怒られるんですよ。飯田とか。

 

アナ はいはい。

 

野村 キャッチャーやってるからだよ(笑)

 

古田 一番ダントツで怒られるのは僕ですよ。

 

アナ じゃあ、あんまり広沢さんとかは?

 

古田 あんまり。

 

野村 怒った経験はあんまりないな。

 

古田 ないですよね。

 

アナ そうですか。

 

 

古田 ベンチではけっこう怒ってるんですよ。「チッ!また三振しやがって」って怒ってるんですけど、本人にはあんまりないですよね。

 

野村 本人には言わないね(笑)

 

古田 主力には基本的に自由にやらせる。それで「周りが主力のために脇役は脇を固めろ」みたいな感じで怒られるんですよ。

 

アナ へぇ~。

 

古田 監督は今で言うチームマネージメントを必ずしているんで。主役は誰だとか、脇役はどうだってところに言い方は悪いですけど、一々ちゃんとその役割を言っていくっていうね。

 

アナ へぇ~。

 

古田 これは大変な作業なんです。上に立ったら分かる事なんですけど、野球選手がたくさんいて、みんなを見なきゃいけないし、モチベーションをアップするためにどうするかと言ったら、一人一人に対して「こうだからこうなりなさい」とか「お前の生きる道はこうだ」というのを言って頂けるのは選手にとってはキツいこともあるんですけど、監督のそういう作業ってなかなか出来ないんですよ。「もうそこまで面倒見きれんわ」って思うこともあるし。

 

野村 選手は進む道を間違っちゃいけないからね。それも監督の大きな仕事だから、やっぱり選手の考えてること、やっていることを逐次見てなきゃいけないという思いもあったんで。選手が間違ったことをやってると気になる。無駄な努力とかね。

 

古田 キャンプとか毎日ミーティングしてたじゃないですか。やっぱりあれが大きいですよね。野球における教育というのは実技でたいてい教えてもらうもんですけど、座学で教えられる事なんか今までないですから。あれは本当に勉強になりましたね。

 

野村 俺は当時のヤクルトの選手に野球を教えるというのじゃなくて、俺を知ってもらおうと。

 

古田 なるほど。

 

野村 うん。そういう思いの方が強かったんだけど、結果的に生意気に色々と教えたりしてたけど。

 

古田 いえいえ。だから、野球の専門的な事の前に例えば「仕事の三原則はこうだ」とか野球以外の立ち位置。いつも監督が言ってた、一番最初に教えてくれた『耳順』という言葉なんですけど。

 

※耳順とは孔子の教えで人の言うことに逆らわないで聞くこと

 

古田 そういう話から興味を持って、それでだいぶ経ってから野球ですよね。

 

野村 よく覚えてるね(笑)

 

古田 覚えてます。はい(笑)

 

 

野村 監督のミーティングというのは野球選手も一社会人だから、人間学・社会学を基本に教えなきゃいけないと思う。

 

古田 はい。

 

野村 それで投げるとか打つとか、そういう分野のミーティングの指導はコーチがやるべきで、監督というのは人間学を教えることが監督の仕事だと思うんでね。

 

古田 監督は覚えてらっしゃらないと思いますけど、ミーティングで僕が褒められたことがあるんですよ。

 

野村 うん。

 

古田 「移動中の新幹線でほとんどのプロ野球選手は週刊誌か漫画しか読んでないのに、古田はちゃんとした本を読んでる」と言って。

 

野村 あったね(笑)

 

古田 それを褒めて頂いて、僕はたまたまそれを読んでただけなんですけど、それから週刊誌と漫画を一切読めなくなりましたね(笑)

 

野村 グフフ(笑) それについては、俺は素直に立派だなと思った。野球選手で漫画とか週刊誌以外の本を読んでる人を見たことないから「こいつはしっかりしてるな」と思った。

 

古田 はい。

 

野村 やっぱりプロ野球選手もしっかりと自分たちは社会人だという自覚がほしいね。

 

古田 最近は昔に比べて大人しい奴が増えてきました。

 

野村 そうか(笑)

 

古田 昔の方が豪傑感があったんですけど。

 

野村 グフフ(笑)

 

 

以上です。

社会人として、人間としての教育です。

おすすめの記事