2018年2月にスカイAで放送された「猛虎キャンプリポート」という番組内で元阪神の掛布雅之と朝日放送の中邨アナと共に2018年の巨人について語っております。

 



掛布 巨人は坂本を中心としたチームを作っていくと由伸監督も言っていましたけども、その坂本の自覚が今年は凄いですね。

 

中邨 はい。

 

掛布 背中で若手を引っ張っていくようなそういう練習の姿を感じられます。バッティング練習を含めましてね。

 

中邨 なるほどね。背中でチームを引っ張っていく。掛布さんも経験あると思うんですけども。

 

掛布 はい。

 

中邨 普段の振る舞いを含めて自分の中にある種の線というか。

 

掛布 多分、僕はそういうことを意識したことをありますけども今年の坂本君は特にそれを意識しているんじゃないですか。

 

中邨 あー。

 

掛布 若手に対する野球というものに対する自分からメッセージですよね。

 

中邨 なるほどね。

 

掛布 やはり高橋由伸監督を勝たせないといけないという気持ちが1番強いんじゃないですかね。巨人の全体的な雰囲気を見た時に・・・じゃあ、優勝するチームなのか自信を持って言える、そういう雰囲気はまだありません。

 

中邨 まだないですか。

 

掛布 ただ、Bクラスに甘んじるかというとそういうチームでもない。

 

中邨 というところですね。

 

掛布 それが巨人だと思うんですけども。

 

中邨 そもそも質・量ともに優秀な選手を揃える巨人。

 

掛布 打線でキーを握るのが長野君あたりがどのくらいの状態でシーズンを通して野球をできるか。このあたりが巨人の打線のカギを握るんじゃないですかね。

 

中邨 長野、陽岱鋼と中心選手以外にもどんどんスター選手の名前を挙げられるチームではあるんですが。

 

掛布 あとは阿部君が出場する試合数はある程度は限られてくると思いますから。

 

中邨 はい。

 

掛布 その後の若い岡本君あたりがですね。どのぐらいの野球ができるのか。

 

中邨 そろそろね。高校を卒業して。

 

掛布 ちょうど4年目になるんですね。

 

 

以上です。

坂本のやる気が凄いみたいですね。中心選手がしっかりと引っ張ってくれるのはいいことです。

おすすめの記事