2018年4月10日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs広島戦の初回に2塁ランナーだった高山の走塁について元横浜の高木豊、元近鉄中日西武の金村義明、元日ハムの岩本勉が語っています。ちなみにこの試合は阪神が走塁ミスやエラーなどがありましたが広島も四球連発などがありなんとか阪神が勝てた試合でした。問題シーンは1回裏に広島の薮田が1番高山、2番西岡に連続四球で3番の糸井がライトに大飛球でしたが2塁ランナーの高山は3塁にタッチアップしませんでした。続く4番のロサリオはセンターへの大飛球のセンターフライ。普通なら1点が入っている場面でした。

 



高木 よく勝ちましたよねぇ、かなりランナーがアウトになっている(牽制アウトもありました)。オイオイってなった。進まねーし、行かねーし。行こうとしたらアウトになるし(5回裏の場面でロサリオの長打で1塁ランナーの糸井が長駆ホームインを狙ったがタッチアウトだった)。金村さん、1番バッターで出塁して無理してバッター糸井が引っ張ってくれて、高山の走塁はどうですか?

 

金村 ねぇ。これはもうボーンヘッドなんですけど、これはセンスですからね。走塁というのは豊さんがご存知のように。

 

高木 まあ、そうだけど。

 

金村 ノーアウトだと3塁に進むことが優先ですから、ハーフウェーからタッチアップですよ。次のロサリオの大飛球のセンターフライでもう1点ですよ。よしんば、ここでもハーフウェーから捕られそうになるとサラっと2塁に戻ってタッチアップですよ。

 

高木 もうウロウロしていましたよね。

 

金村 ですねぇ。

 

高木 これちょっと困るでしょ。このセンスでは。

 

金村 困りますよねぇ。

 

高木 岩本さんはどうですか?

 

岩本 はい。まあ、ミスは誰でもあると思うんですけど、ちょっと厳しい言い方をしますと、『野球のルールをいつ覚えはったんですか?』っていうぐらいのボーンヘッドだと思うんですよ。なので、私たちがここで議論をしても担当コーチにもっともっと厳しく指導されていると思いますんで今後はこういうミスがないようにキレのいい走塁を見たいですよね。

 

金村 いや、もう亡くなりましたけど高山は明治大学出身でしょ。星野さんが監督をしていたらと思うとゾッとしますね。(星野さんも明大出身)

 

高木 もう青ざめていますよね。

 

 

以上です。

高山は打撃面では才能があると言っている解説者もいますけど他の部分では色々と欠けていることが多いですね。

おすすめの記事