201944日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.千葉ロッテマリーンズ戦で勝利し3連敗後に3連勝、打線好調の埼玉西武ライオンズについて元南海阪神の江本孟紀、楽天で監督をしていたデーブ大久保、元巨人の斎藤雅樹がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



稲村 ライオンズが3連敗のあとの3連勝です。

 

大久保 でも、このロッテとの3試合で24得点してるんだけど、実は13失点してるんですよ。

 

西武のここ3試合のスコア
4/27-4
4/39-3
4/48-6

 

稲村 はい。

 

大久保 雅樹さん、実はこれ非常に良くないことですよね。

 

斎藤 はい。でも、昨シーズンもそれで優勝したんですよね。

 

大久保 そうなんですけど、僕からすると浅村の130打点ぐらいがなくなってるのを考えると、単純計算でこれもうあと1点ぐらいあったらこの日の試合も楽だったわけじゃないですか。

 

斎藤 はい。そうですね。

 

大久保 そうするとピッチャーが1点少なく終わっとかなきゃいけないから。これ今後のことを考えると不安になりますけど、今の投手陣はどうですか?

 

斎藤 やっぱり先発陣の人数もなかなか揃ってないみたいですし、抑えもしっかりしてませんもんね。

 

大久保 そうなんですね。では江本さんから見てどうですか?僕は今のライオンズが非常に不安なんですけど。

 

江本 うーん。こんな試合はあんまり見たくないね。

 

大久保 そうですよね。

 

江本 長いのよ。どっか収まるところがないんだから。

 

大久保 ないですよね()

 

江本 それで西武が心配なのは12回と点を取ってからの間が3回ぐらいからずっと0点だったでしょ。

 

大久保 そうですね。

 

江本 あれコンスタントに打ててない。

 

大久保 その辺なんですよね。

 

江本 その辺がちょっと今年の西武の心配なところですよ。

 

大久保 だからぜひ投手のレベルが上がってもらわないと。苦しい試合をやっていくと最後はバテちゃうから。

 

稲村 はい。

 

 

以上です。

浅村が抜けても打ちますけど投手がやはり弱いですね。
おすすめの記事