202077日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.埼玉西武ライオンズ戦で2年ぶりとなる今季第1号ホームランを放った千葉ロッテマリーンズの安田尚憲について楽天で監督をしていたデーブ大久保、元横浜の平松政次、元巨人の斎藤雅樹がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



この日の安田の打撃内容
1打席目 空振り三振
2打席目 空振り三振
3打席目 ライトホームラン
4打席目 セカンドゴロ
シーズン打率.083(7/7の試合終了時点)
今季1号ホームラン!

 

アナ ロッテが西武に勝利。連敗を3で止めました。そのロッテは安田選手が2年ぶりのホームランという事で、ベンチに戻るときにスゴい嬉しそうでしたね()

 

大久保 まあ力がある選手なんでね。それでもなかなか結果が出せなかったんですよね。

 

アナ うーん。

 

大久保 原因が色々あると思っていて、例えば去年の打ち方って左足に体重が乗りっぱなしで、ひっくり返って打つような感じで。

 

アナ はい。

 

大久保 どんだけポイントを前にして打つんだろうと思っていたのが、今年は左足に体重が乗りました、そして打球方向に体重移動できるようになったっていう印象になりましたね。平松さん、安田はもったいないですよね、これぐらいは当たり前に出来る選手じゃないですか。

 

平松 もちろんそうですよ。開幕してしばらく3番を打ってたんですよね。それぐらい井口監督も期待してるわけですから。

 

大久保 はい。

 

平松 まあ、開幕から躓いたけど成長はしてますよ。ファームでもかなり打ってるわけですから。

 

大久保 そうですね。

 

平松 やっぱり使うべきでしょうね。今日は7番でしたからね。

 

大久保 斎藤さんは安田についていかがですか?

 

斎藤 やっぱり元々持ってるモノが凄いですよね。それが成長して身になって来たのかなと思いますね。

 

大久保 そうですよね。ヤクルトの村上よりもっと上ぐらいの実力を持ってる選手ですからね。

 

アナ 1軍でしっかりとそれを発揮してほしいですね。

 

 

以上です。

ようやく安田も出てくる時期でしょうかね。
おすすめの記事