2020723日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.東京ヤクルトスワローズ戦で2勝目をあげた横浜DeNAベイスターズの大貫晋一について、そして2試合連発の4番佐野恵太について元日ハム阪神の片岡篤史、元中日の谷沢健一、元横浜の高木豊がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



大貫と佐野のヒーローインタビューの一部

大貫 しっかり11球、戸柱さんのミットを目掛けて、そして自分でも意図をしっかりと思って腕を振って投げる事ができました。ノーヒットノーランは全く意識してないです()

 

佐野 佐野はホームラン打てないんじゃないとみんな思ってたと思うんですけど、ホームランを打てて良かったです。これからも繋ぎの4番として、ホームランを狙わずにしっかりと自分のスイングをしたいと思います。

 

 

大貫と佐野を語る

この日の大貫の投球内容
7回111球 被安打1 奪三振4 四球2 失点0
今季2勝2敗 防御率2.70(7/23の試合終了時点)

 

稲村 素直なヒーローインタビューでしたね。

 

高木 大貫はウソつきだよ()

 

稲村 本当ですか()

 

高木 最初から見てると、試合が進むにつれて表情が移り変わっていくんだもん() 自分で自分にプレッシャーをかけてた。だから絶対に狙ってはずだよ。

 

谷沢 いや、そんな欲はないだろう。

 

高木 いや、そんなことないですよ。最初はそうでしたけど、途中から欲の塊になってるから()

 

谷沢 塊()

 

高木 でも谷沢さん、今日の大貫はよく低めにコントロールされていたし、よくボールが動いてましたよね。

 

谷沢 うん。ランナーを出した後のピッチングなんかでも注文通りのダブルプレーで打ち取って冷静なピッチングだったよね。

 

高木 ちょっと抜いてね。だから、72アウトまでノーヒットノーランという見事なピッチング。連敗中でプレッシャーもあったと思うんですけど、本当によく投げたと思いますね。

 

 

稲村 ナイスピッチングでした。そして4番の佐野選手が2試合連続のホームランでしたね。

 

この日の佐野の打撃内容
1打席目 センター前ヒット(打点1)
2打席目 フォアボール
3打席目 デッドボール
4打席目 レフトホームラン(打点2)
2試合連続ホームラン!

 

高木 片岡さん、佐野が4番って最初の頃はちょっとひ弱に感じてましたよね?

 

片岡 まあね、DeNAの場合は周りにいるバッターが強力ですから、本人もなかなかホームランが出ない事を気にしてたと思うんですよね。

 

高木 ですよね。

 

片岡 まあ昨日(7/22)、初ホームランが出て、力が抜けて逆方向にホームランが出ましたんで。これは監督としてはこれからもチームの中心として4番で頑張ってほしいというところでの4番起用でしょうね。

 

高木 そうですよね。まあ、4番らしくなってきましたかね?

 

片岡 まあまあ、これから頑張ってもらいましょうよ。

 

高木 分かりました()

 

谷沢 まあ、片岡さんを4番にするようなもんだよね。

 

片岡 ありがとうございます。

 

高木 いや、それ礼を言うところかな?() 怒ってもいいと思うよ()

 

 

以上です。

連敗脱出でDeNAもこれからでしょう。
おすすめの記事