2019411日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース』でこの日のvs.福岡ソフトバンクホークス戦で北海道日本ハムファイターズがやったショートスターター。この日は続投が裏目に。先発した加藤などについて楽天で監督をしていたデーブ大久保、元横浜の平松政次、元ロッテの里崎智也がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



今季の加藤貴之の成績
4/23回 被安打1 奪三振1 四球1 失点0
4/62回 被安打2 奪三振3 四球0 失点0
4/113回2/3 被安打5 奪三振5 四球1 失点5

 

稲村 日本ハムは前回、前々回とショートスターターで登板の加藤投手が捕まってしまいましたね。

 

大久保 そうなんだけど、里崎さん、ショートスターターの説明をちょっとしてくれますか。

 

里崎 メジャーはオープナーということで2番最強説もあって初回に攻撃力が強いから最初に守護神が投げたりとか、もしくは中継ぎエースが1イニングだけ投げて2イニング目から先発の人が投げるっていうのがメジャーがやってるオープナーですよね。

 

大久保 はい。日本ハムは違うと思ってて、そういう言葉に乗っかったフリをして実は加藤はショートイニングはスゴくいいんですよ。もう2イニングぐらいはピシッと抑えるピッチャーだから早めに代えてあげる。その後に投げる金子とはちゃんと話し合いをしてるはずなんですよ。

 

稲村 はい。

 

大久保 先発もやるし、今年は後ろもいくよと。そういうのがないと金子みたいに実績のある人があそこまで投げないですよ。だからウインウインだと。加藤は短いイニングいいから投げる、その後も金子は納得して投げている。そこでたまたま結果が出てないだけで実はウインウインの関係を作ろうとしてチーム内でやってると。

 

アナ チームのための作戦。

 

大久保 はい。これが成功するとものすごくいい展開になってくる。加藤が自信をつけて、もうちょっと長いイニング投げられればなと。

 

稲村 そうなんですね。

 

大久保 平松さんはこれどうですか?

 

平松 いや、メジャーリーグから色んないいものを取り寄せるのはいいと思うんだけど、このショートスターターとかオープナーはしょっちゅうやるべきじゃないと思うよ。

 

大久保 はい。

 

平松 今日は金子が途中から投げたでしょ。やっぱり金子なんかはベテランなんだからやっぱり先発と決めて調整させてあげるのがいいような気がするんだけども。

 

大久保 うーん。

 

平松 その辺でちょっと開幕して躓いてる感じがありますね。 

 

大久保 なるほど。まあ金子は大人として納得していないとああいう場面は投げないと思うんですよ。

 

平松 リリーフだから僕はビックリしましたよ。開幕2戦目で先発したのに。

 

大久保 そうですね。

 

平松 そういうところはキッチリとベテランになればなるほど役割を決めてあげた方が調整しやすいですよ。

 

大久保 なるほど。日本ハムの木田コーチは新任ですから、色々と話し合っていい方向に行けるように期待しましょう。

 

 

以上です。

デーブは賛成派ですけど平松が完全に否定派。やはり賛否両論です。
おすすめの記事