2019919vs東京ヤクルトスワローズ戦@甲子園の阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神の先発は高橋遥人、ヤクルトの先発は小川泰弘。阪神先発の高橋は初回からフラフラでタイムリーを浴び1点先制される。5回表には塩見に2ラン、バレンティンにも2ランを浴びて5点差。7回表には満塁のピンチで中山にタイムリーを打たれ7点差。試合が動いたのはこれだけ。阪神の攻撃は盛り上がるシーンもなく終了。スカイAの野球中継のレポートを参考に紹介します。

 

 

矢野監督の試合後のコメント

55失点の先発・高橋遥人について

矢野 前回も言ったようにこの時期に疲れも出てくるし、相手バッターも傾向が分かって打ってくる。壁に当たってるんじゃないのかな。

 

―完封を喫したヤクルトの先発・小川について

矢野 スゴくいいとは思わない。ただ早い回に点を取っていければ変わっただろうけど。

 

2番植田、3番近本など打順変更について

矢野 現状の中でどうするべきかを考えた結果だけどね。

 

―大山のエラーからの失点があったことについて

矢野 特に送球に関してはしっかりしていかないといけない。走者と重なったとかあるかもしれないけど、それは言い訳にはならない。

 

5位転落

矢野 なんとかズルズルいかないようにとはもちろん思っているし、残り試合でどう戦っていくか。それだけです。

 

試合後のテレビインタビューは別にいいかなと思ってやってません。

 

以上です。

弱いですね。
おすすめの記事