2018年6月6日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.巨人戦でプロ入り初登板で初先発の東北楽天ゴールデンイーグルスのドラフト1ルーキー近藤弘樹のピッチングについて元南海阪神の江本孟紀、元横浜の野村弘樹、元ロッテの里崎智也がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



【この日の近藤の投球内容】

4回1/3、89球、被安打6、奪三振2、四死球3、失点3

最速151km/h

 

稲村 楽天のプロ初登板、初先発の近藤選手はいかがでしたか?

 

野村 今日はちょっと近藤選手の数字を見てもらいたいんですけどね。

 

稲村 はい。

 

ストレートの割合

楽天近藤弘樹この日(6/6)68.6%
日ハム高梨裕稔昨季通算63.5%
中日小笠原慎之助昨季通算61.3%
広島岡田明丈昨季通算60.1%
西武菊池雄星昨季通算57.3%

 

野村 ストレートの割合が非常に多かったんですよね。近年、非常に変化球も多く、細かい変化も多い中、もう70%近くストレートでいける。

 

稲村 はい。

 

野村 今日、途中で足が攣って降板しましたけども、これだけストレートを投げられるこの数字って魅力的ですよね、江本さん。

 

江本 今日ちょっと見たんだけど、ストレートの球筋がいいね。

 

野村 なるほど。

 

江本 キレイじゃないですか。回転もいいしね。

 

野村 里崎さんはどう見ました?

 

里崎 そうですね。スピードガンほどストレートの速さは感じなかったんですけど、全体的に変化球が高かったんですよね。だから、変化球をもうちょっと低めに投げられればこのストレートも生きてきますし、次回登板でも期待値が上がりますよね。

 

野村 課題を挙げるなら、もう少しボールが低めに決まればという。

 

里崎 そうですね。全体的にボールが高かったなという印象がありますね。

 

野村 低めに決まってくれば、もう少しいけるという雰囲気がありましたか。

 

里崎 そう思いますね。

 

野村 なるほど。

 

稲村 次回の登板も楽しみですね。

 

野村 魅力的なピッチャーですからね。

 

 

以上です。

真っ直ぐの割合が多いということは相当キレがあるタイプなのかもしれませんね。速さも大事ですけど回転数とか上げていくようになればバンバン空振りも取れるようなって勝ちやすくなるかもしれません。

おすすめの記事